Freedom Jazz dance

Freedom Jazz dance

絶滅危惧種ジャズライブハウス

とてもユニークな記事を見つけました。俺のイタリアンを生んだ男-「異能の起業家」坂本孝の経営哲学(4):絶滅危惧種で儲ける http://bylines.news.yahoo.co.jp/hiroyukiozaki/20140411-00034058/
要約部分は『俺のフレンチ・イタリアンAOYAMA』の場合、一日約500人の来客があるが、そのうち380人のお客が300円のミュージックチャージを払う。これで月間約350万円の売上になる。ミュージシャンへのギャラを一人一日1万円とすれば、4人が演奏して月120万円の支払いである。つまり粗利益は月230万円、年間2,760万円となる。利益率5%とすれば、3,000万円の利益は6億円の料理売上に相当する。青山店の予想売上が7億円なので、驚くべき高利益率ビジネスである。実は、ジャズは店の規模が大きくなるほど、「レバレッジ効果」(てこの効果)が大きいビジネスなのだ。

フード⇒ジャズ⇒フードの好循環、う〜ん素晴らしい。
まあ、ジャズである必要があるか?どうか?は別としてシステムがいい。

良く言われるのですが、ミュージシャンが集客→お客さんが一杯にならないからチャージを上げてる→お店もドリンク・フードをお願いする→お客さんは高いから回数が減る。負の連鎖ですね。

これを真っ向から切り崩した絶対的集客力、このお店すごいなあ。

大きいお店に対して小さいお店は、ゲリラ戦してたんですね。でも、最近、大きいと言えるお店が減ってません?

まあ、よその事は置いておいてKobe Modern Jazz Clubについて考えます。
ボクも10年以上ヤッて来まして、『俺のイタリアン』のシステムがどんなにスゴいか、良く解ります。

ボクの場合、ミュージシャンや企画を考える→協賛企業から大部分の支援とお客様にチケットを買ってもらう(本当にありがとうございます><)→当日遊びに来て頂く→8時前に終わって皆様、ご飯かな?呑みに行くのかな?

ボク→企業+お客→ジャズ→???→ボクな訳でイマイチ、、正直、社会貢献や芸術振興と聞こえは良いんですがイマイチ?パッとしない。確かにボクが出来る事が多くなった、何とか英語はなった、チラシ作れる様になった、イケイケ交渉でハッタリが出来る様になった、カメラのスキルが上がった、東京でイベントで来た、旅行代理店みたいな事も出来た、マット・サベージ君とCD作った、などなど自分ばっかりやん><、小さい人だなあ、でも出来る事増やさないと経費削減や新しいもの探せないし><、チケット売れないと初まりにならんし、他の人の企画、正直、ワクワクしないし、、、あ、そもそもビジネスと思えてないし。ボクももっと考えなあかんなあ。

ある程度のキャパと内容はそれなりだと思いますが、ほんと、シンプルなフード→ジャズ→フード素晴らしいなあ。

もともと、ボクはジャズをプラットフォームに考えてました。お客さんを会場まで足を運ばせる事が大きな目的でした。感覚的には年2回の同窓会。蓋を開けてみると毎回リピーターが30%ぐらいで新規がかなり多い、一種独特の形態になってました。まあ、これはこれで良いと思います。ただ、そこで終わってる感もあります、もしかして毎回必死にやってると時間が解決してくれるのかもしれません。でも、探さないと見つからないとも思うボク、、、なんか面白い組み合わせの錬金術みたいなアイデアないかな〜。お金じゃないんだよね〜。






http://www.amazon.co.jp/39-Steps-John-Quartet-Abercrombie/dp/B00EBJ619K/ref=sr_1_1?s=music&ie=UTF8&qid=1397728058&sr=1-1&keywords=John+Abercrombie




Posted by クレフ at 2014年04月17日 19:01 ライブその他

Kobe Modern Jazz Club

今世紀初めての小島大先生連続投稿の後で申し訳ありませんが、ボクの方からもお知らせがあります。

長らくあれやこれやしてましておそくなりました、今年9月のKobe Modern Jazz Clubが決まりました。

ピアニストTamir Hendelmanさんをお招き致します。

もう、4年も前になりますね、彼を初めて日本に呼んだのは、、、。アレからいろいろありました。

よく、キッカケは?なんて聞かれますが、、、ホームページ開いて、コンタクトって所からメールしたのが始りです。はい!!世に言うメル友!!
それからいろんな事したな〜三宅CD作ったり、オーケストラでの来日で名古屋まで遊びに行ったり、富士通のコンコードでは、朝ご飯一緒に食べたらロバータ・ガンバリーニやルイス・ナッシュ、グラント・スチュアートと一緒のテーブルで朝から英会話教室やん!!その後、来日中のタミールママを神戸の相楽園に連れて行き、梅の花で豆腐コースごちそうしたり。

いろいろありました。やっと、スタートラインに立った感じです。

いや〜めでたい。

まだ、これからチラシ・チケット等いろいろやらないと行けませんが、淡々とやって行きます。

そうそう、タミールを知らない人に彼のプロフィールを!!

Tamir Hendelman
1971年9月19日イスラエル、テルアビブ生まれ。1984年、家族でロサンゼルスに移住。2年後のヤマハ国際キーボードコンぺティションで最優秀賞受賞。15歳時に“合歓の郷(ねむのさと)”で開催されたジュニア・オリジナル・コンサートで初来日。

 イーストマン音楽院でリー・コニッツ、ロン・カーターに師事、ラブウェル大学の最年少国家芸術音楽教授に就任。その後、LAに戻り歌伴奏の仕事を中心にライブの場で演奏するようになり、アメリカ、ヨーロッパ、およびアジアをツアーし芸術で米国作曲家作詞家出版者協会とNational Foundation
for Advancement in the Artsから賞を受賞。1999年、ヘンリー・マンシーニオーケストラのゲストソロイストに迎えられた。

そんな中、ジェフ・ハミルトンに見出され、2001年からクレイトン=ハミルトン・ジャズ・オーケストラ(CHJO、2004年全米ダウンビート誌ランキング1位)の一員になり、富士通コンコード・ジャズエリートに。ハリー・アレンのバック、ロバータ・ガンバリーニ、CHJOで来日。

現在はCHJOのほか、ジェフ・ハミルトン・トリオ、ジャッキー・ライアン、ナタリー・コール、ロバータ・ガンバリーニといった歌手のレギュラーピアニストとして務め、ハリー・アレン、テディ・エドワーズ、ウォーレン・バフェ,フィル・アップチャーチ、バーバラ・モリソンと演奏し、自身3つの異なるバ
ンドを率いる。2008年5月、6月と立て続けでロバータ・ガンバリーニとナタリー・コールのバックで来日。なお、ロバータ・ガンバリーニからピアニスト兼アレンジャーを任され、2005年発表のデビュー作『Easy to Love』は、日本でもスイング・ジャーナル誌のゴールド・ディスクとジャズ・ディスク大賞ヴォーカル賞(海外部門)をダブル受賞。2009年、アメリカのショービズ界を代表する名歌手で名女優、バーブラ・ストライサンドの『Love Is The Answer』にピアニストとして参加し絶賛を浴びる。
2012年、ポール・マッカートニーが発表した『Kisses on the Bottom』に参加。


演奏は、こちら







http://www.amazon.co.jp/Destinations-Tamir-Hendelman/dp/B003T05T4K



Posted by クレフ at 2014年04月07日 17:43 ピアノライブ現代ジャズシーン

この人の視点が好き

久々の連投、小島です。

わたくし、ジャズの情報を得る際に専門誌やディスクガイドを活用する事が多いのですが、
カルチャー誌が時たまするジャズ特集や、ジャズミュージシャンの方ではないアーティストの方が、
自身の音楽のバックボーンを語る際、ジャズの影響、アルバムを紹介した時に案外参考になるものです。
意外な人がジャズ好きだったりすると勝手に親近感を覚えてしまいます。笑
2年前に「SWITCH」という雑誌のジャズ特集なんかとっても面白かったですよ。
その特集の中に様々なジャンルの方々が、自身の好きなアルバムを紹介してたのですが、ロックバンド、サンボマスターの
山口さんの選盤が渋すぎてめちゃくちゃ心にグッときたんです。ハロルド・ランドやブッカー・アーヴィンのアルバム紹介されてたんですよ、はい。

サンボマスター…私がまだジャズの“ジ”も“ャ”の字も知らなかった時から知っていたバンド。
それこそ昔、某コント番組で、“ブサンボマスター”と揶揄されるほど、山口さんの見た目のキャラが先行してしまい、
音楽も聴かずに、内心勝手に大した事無いと思っていたんです。聴かず嫌いはイケマセン←反省
そのサンボマスターの山口さん、お父様が大変なジャズ好きで、子供の時からお父様のコレクションをたくさん聴いてこられたそうで、
なかなかお詳しい。
最近は更新されていないブログを拝見すると、ちょこちょこジャズの話題が出てきて、これまた渋いセレクトに唸る事多々。

で、話戻ってその「SWITCH」で紹介してた内の一枚がコチラ↓



http://www.amazon.co.jp/West-Coast-Blues-Harold-Land/dp/B000000Y8J/ref=sr_1_4?s=music&ie=UTF8&qid=1396763810&sr=1-4&keywords=harold+land

あ、紹介してたアルバム!と、中古ショップで見つけた時の感動!その帰りにジャズバーグッドマンで聴かせてもらって、さらに感動!
3曲目の“Don't Explain”でのハロルド・ランドの男の哀愁を一身に背負ったかのようなテナーサックス、トランペットの旨味を凝縮したジョー・ゴードンの演奏は、まさに胸に迫る名演!バーカウンターでバーボンのロック片手に聴くのにハマりすぎ。



いやぁ、山口さん、えぇアルバム教えてくれてありがとうございます!!
今から飲みに行ってきます!!

小島良太

Posted by クレフ at 2014年04月06日 15:16 テナーサックス
< 2014年04>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最近のコメント
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
クレフ
クレフ
茶房Voiceの太と新人類Ryoがジャズ入門者に是非とも聴いてもらいたい『一枚』や様々な『情報』をお薦めしていきます。