Freedom Jazz dance

Freedom Jazz dance

暖かくなるのを、待つ

こんにちは。
最近、ジャズライブによく行ったせいでスッカラカン。
とはいえ、4月も既に複数回ライブの予定が…
久々に家でおとなしくのんびりしていると、佐村河内の云々だ、STAP細胞の真偽だとテレビのワイドショーがいまだに騒ぎ立てております。

自分で作曲してないのに“作曲者”として、“現代のベートーベン”として恥ずかしげもなくメディアに露出し、はては謝罪会見でも、墓穴を掘る様は痛々しいものがありました。でも、音楽の本質を見据えず、パーソナルな氏の作り上げた虚像に踊らされていた所があったのも事実。これは音楽を評する事を少しでもする者にとっては自戒の念をより強める出来事でした。

論文のコピー、画像の使い回し、そもそもSTAP細胞は本当にできるのか?
という事より、裏づけもなく、目先の部分で持ち上げたあげく、手のひら返しで批判するマスコミの浅はかないつものやり口に辟易してしまいます。

ジャズの世界では、いわゆる“スタンダード”をいかに自分の特色を出し、表現できるかという部分は永遠のテーマであるように思います。当然、オリジナルの作曲もその特色を出す最もストレートな表現ですが、スタンダードをいかに自分の味で表現するかで、そのミュージシャンの実力が如実に現れるわけです。リスナーとしても、自分の好きな音かどうかを判断する、ミュージシャンとリスナーを結ぶ、リトマス試験紙になるのです。同じような事を私、よく言っています。

それを受けて、今回紹介するのは幾多のバンドに招聘されるピアニストのダニー・グリセット。
トム・ハレル、ジェレミー・ぺルト、ヴィンセント・ハーリング等、主な参加バンドを挙げれば、彼がいかにジャズシーンの重要なポジションで活躍しているかがお分かりいただけるのでは。


http://www.amazon.co.jp/Stride-Danny-Grissett-Trio/dp/B004QVMTVW/ref=sr_1_1?s=music&ie=UTF8&qid=1395552631&sr=1-1&keywords=danny+grissett

このアルバムの4曲目、ホーギー・カーマイケル作曲「Two Sleepy People」での演奏に筆者は強く心を打たれました!
動画がないのが残念ですが、CD買って聴いてください。笑
慈しむようなピアノの音色で優しい気持ちに包まれます。ライナーによるとこの曲をハンク・ジョーンズを意識して演奏したとの事。
なんだかわかります、その気持ち。
アルバムは違いますが、こちらも素晴らしい!



前回のブログで太さんが紹介した動画と同じ曲になりましたが、それこそ各ピアニストの違いが明確になって、面白いのでは?

新しい事に意欲的で、ともすればリスナーを置いてけぼりにするミュージシャンもいますが、そういう人ほど、過去の歴史をしっかり消化した上で、その土台から何かをまた生み出そうとしていますよね。その土台のないものは、どうも浅い。

結局、作曲した、してない、細胞がウソホントといった事は表面的な問題で、その問題の本質はほとんど見過ごされ、いつの間にか忘れ去られていきます。
我々も演奏者の伝えたい本質を探るように、日々の問題の経緯を踏まえて、本質を見極めて判断していきたいものです。

小島良太

Posted by クレフ at 2014年03月23日 15:36 ピアノ

スペインの風

イスラエル、インド、南米など新しい地域の感性を織り交ぜたジャズがもて栄やされる現在、個人的になんですがイスラエルは大好きですが、、、インドや南米の感性がなぜか?合わない私。

音楽的にはどこも素晴らしいと思うんですがね、どないしてもあかんもんがあります。

例えば、ボクにしてみれば、沖縄。あの独特の旋律がたまらなくダメです。ジャズに限らず音楽は、好き嫌いで聴いて良いと思ってる私ですが、、、食わず嫌いはいけないと思って何度か?挑戦はしているのですが。

まあボクの個人的な好き嫌いは良いとして、最近とあるスペインのミュージシャンを知ってとってもお気に入りになってます。

名前は、 Abe Rábade。なんて読むんですかね?全くわかんないです。アベ?なんかな?名前なんて記号故
あんまり気にしないボク。ボクの名前も太って書いて、ダイと読みます。みんな大きい子と間違われますが、、私、太い子です。見ての通り、記号。簡単なヤツにして頂き、両親には感謝。覚え易いのがいいよね!!

そんな訳でなんて読むか?わからないピアニストですが、何枚もCD創ってました。。。すみません、こんなとこまで把握出来ません。

見つけたキッカケは、この曲なんです『Never Let Me Go』キース・ジャレットなどがお気に入りでよく聴くスタンダード・ナンバーですよね。



ついでにキースも付けておきますね。



どうですか?聞き比べてみるとなかなかレベル高いでしょ?

ABEさん、、アベさんにしよう!!のピアノは、少し赤みを帯びた情熱的なタッチがそそります。古くから歴史のある国であるが故の独自の発展を遂げているのでしょう。あまりスペインのミュージシャンを聴いていませんので、、ココ!!って言えないのが残念。もう少しスペインに触れてみないとわからないですがダイナミクスの使い方なんか個性的だなあ。


もう少し聴き込む事にしましょう。


http://www.amazon.co.jp/VerSons-%E8%BC%B8%E5%85%A5%E7%9B%A4-Abe-R%C3%A1bade-Trio/dp/B00G49WL7Q/ref=sr_1_1/377-2152412-5569947?s=music&ie=UTF8&qid=1395380166&sr=1-1&keywords=abe+rabade



Posted by クレフ at 2014年03月21日 14:39 ピアノライブその他

野望

過去、Kobe Modern Jazz Clubにおいてヴォーカルってした事がないんです。
20回以上なんやかんやヤッて来てまだないんです。多くの関係者やお客様にヴォーカルが嫌い、、、だと
思われてるかもしれませんが、、ヴォーカル大好きです!!

またピアニストを選ぶ際、よくヴォーカルの伴奏者から選ぶ事が多いですね。だからよく聴くんですよ。
歌詞や歌い方に対してのオーケストレーションがボクの判断基準ですね。

例えば、Tamir Hendelman、なんかはよく聴いてましたからね。
ヴォーカルとの絡み具合ってとても力量が測れると思うんです。

)

それに前々回のJosh Nelson、彼の上手さって1人で何でもやっちゃう、リオネル・メッシみたいに
感じるんですね。ほら!!

)

それに昔から大好きなBill Charlap、歌伴が最高!!

)

とまあ、結構、ヴォーカルからピアニストって選んでたりします。

意図的にデュオを集めてみましたが、、、こんなんしたいんです!!

ヴォーカル好きです!!生かすも殺すもピアノ次第。

そんなんでHank Jonesは、やっぱり神様だった。



http://www.amazon.com/You-Are-There-Roberta-Gambarini/dp/B00128O2S0/ref=sr_1_4?s=music&ie=UTF8&qid=1394689062&sr=1-4




Posted by クレフ at 2014年03月13日 14:42 ピアノヴォーカルライブ現代ジャズシーン

始まり

無事、3月1日のKobe Modern Jazz Clubが終了しました。

皆様、ありがとうございます!!
本当に協賛企業様、スタッフ様、ミュージシャン様、ご来場頂きましたお客様!!ありがとうございます。

しかし、今回、2月半ばにはSold Outになっちゃいましたて、当日沢山のお客様をお断りしました。
まあ、席ないし仕方がないですね。前売りチケット買う習慣ってないんですかね。



とっても盛り上がってましたね!!

毎回なんですが、中華会館の演奏を聴いてると『一つの終り』と『新しい始まり』を感じます。

この企画の話は、去年2013年4月ぐらいから始ってました。まあ、大体1年前。そんな中、Josh Nelsonのライブを考えて、、、次を考える。ずーと考えているが続いてます。

これからも続くんでしょうね。まあ、それがボクという人間なんだろう。

もう、母親なんて呆れ返ってます。

でもね、小さい頃、母親はボクに言いました。

『ダイちゃんは、あんまり賢くないし何の才能もないから楽しい事だけ考えていなさい。』

見事!!

そんな人間になってしまった!!

さあ、楽しい事かんがえよ!!








Posted by クレフ at 2014年03月04日 13:56 ピアノその他
< 2014年03>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近のコメント
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
クレフ
クレフ
茶房Voiceの太と新人類Ryoがジャズ入門者に是非とも聴いてもらいたい『一枚』や様々な『情報』をお薦めしていきます。