Freedom Jazz dance

Freedom Jazz dance

来月東京

久しぶりに来月東京まで行ってこようと思います。

たぶん、27日かな?

東京ブルーノートにNATALIE COLEを聞きに行きます!!

はい、嘘です。

大体、なぜ私が今さら、ナタリー・コールを聞きに行きたくなるはずがない。

ブルーノートの宣伝では、



世界を魅了し続ける超大物エンターテイナー、ナタリーの
エレガントな歌声をクラブで堪能する珠玉のひととき

近作『スティル・アンフォゲッタブル』で生涯9度目のグラミー賞を獲得。R&B、ロックからスタンダード・ナンバーまで、あらゆるレパートリーを歌いこなす世界最高峰のエンターテイナー、ナタリー・コールが今年も心暖まるステージを繰り広げる。伝説のピアニスト/歌手であるナット・キング・コールを父に持ち、11歳でプロ・デビュー。'75年に「This Will Be」が大ヒットし、R&B~ブラック・コンテンポラリー界を代表する歌姫となった。’79年にはハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムにその名を刻み、'91年には父の愛唱曲を集めた『アンフォゲッタブル』が1400万枚超の大ヒットを記録した。ナタリーのクラブ出演は世界的にも希少。名曲の数々を至近距離で味わいながら、忘れられない極上のひとときを過ごしたい。



とありますが、ぜんぜん興味ありません。

それに1ステージのチャージが¥13500!!なんとなんと><。

確かに



Natalie Cole(vo)
ナタリー・コール(ヴォーカル)
Gail Deadrick(MD,key)
ゲイル・デドリック(ミュージカルディレクター、キーボード)
Josh Nelson(p)
ジョシュ・ネルソン(ピアノ)
Alex Alessandroni(key)
アレックス・アレッサンドローニ(キーボード)
Anthony Pulizzi(g)
アンソニー・パリッツィ(ギター)
Edwin Livingston(b)
エドウィン・リヴィングストン(ベース)
Robert Miller(ds)
ロバート・ミラー(ドラムス)
Robert Yancy(per)
ロバート・ヤンシー(パーカッション)
Shannon Pearson(back vo)
シャノン・ピアソン(バック・ヴォーカル)
Lynne Fiddmont(back vo)
リン・フィドモント(バック・ヴォーカル)

こんだけのメンバーだもんね><。

あっ、何の話だっけ?

そうそう、ウエスト・コーストにお詳しい小島教授ならピンとくるでしょう!!

そうです、来年9月にJosh・Nelsonを呼びたいので挨拶がてら行こうって言うのが最大の目的。

それにしても¥13500のチャージがとても、チクチク、グサグサ、痛い、痛い

まあ、先行投資でしょうから仕方ないと諦めていたら、ジョシュがね、タダ券あげる!!って言ってくれたんです!!

ア〜!!!役得!!

安心安心。

そんなこんなで来月東京。

でも、問題は 

僕ってそれ以外、全く何にもないです。したい事?行きたい場所?全くない。

見事なほど、ない

ので朝6時の便で神戸に帰ろうと思います。







www.amazon.co.jp/アンフォゲッタブル-ナタリー・コール/dp/B00005HECA/ref=sr_1_3?s=music&ie=UTF8&qid=1351575865&sr=1-3


Posted by クレフ at 2012年10月30日 14:48 ヴォーカル

食欲の秋、読書の秋、ピアノの秋

ディズニーの知られざる世界から一転、私の薄口ブログでもいかがでしょうか?笑
L.A.ジャズの作品について書こうと思いましたが(あんなに振られたので。笑)、それ書いちゃうと、
別連載のネタ不足に陥るので、あえて違う路線でいきますのでご了承ください。

乾燥した空気、少し肌寒くも心地良い季節になりました。
私は来月、大学時代の友人達と京都へ日帰り旅行をする予定ですが、八橋に蕎麦に、
抹茶ソフトに、まだまだご当地の美味しい物が私を待ち受けているかと思うと楽しみで楽しみで。
食べ物だけでなく、紅葉や寺社仏閣の佇まいの良さもようやくわかる年頃になってきました。
日頃、社会で戦い、傷ついた心を京都で癒すのです…

と言っても男女数名の仲良しグループで行くので京都お構いなく騒がしい旅行になるでしょう!!

さてさて、ジャズを聴くにはうってつけの季節になってきましたが、最近アメリカのベテランピアニストが素晴らしいピアノトリオ作を出したので紹介しときましょー。

まずはジョージ・ケイブルスの「My Muse」


http://www.amazon.co.jp/My-Muse-GEORGE-CABLES/dp/B008MZPTVK/ref=pd_sim_m_3

ピアノソロで始まり、ピアノソロで終わる。
その間は堅実なリズムセクション(ドラムのヴィクター・ルイスはええ仕事します)をバックに温かみのあるピアノでメロディーの美しい曲を次から次に調理していきます。

そんな彼の華麗なプレイをどうぞ↓


続いては過去にこのブログでも一度紹介した堅実な実力派、デビッド・ヘイゼルタインの「The New Classic Trio」

http://www.amazon.co.jp/New-Classic-Trio-DAVID-HAZELTINE/dp/B008SVS30C/ref=pd_sim_m_2

ベースの巨匠、ジョージ・ムラーツが昨年大怪我してからの復帰作としても注目ですが、ムラーツ、怪我の影響なさそうで良かった~笑
品の良いヘイゼルタインのピアノにハズレはありません。

http://www.youtube.com/watch?v=Q41vg2ItCNI

ベースは違うミュージシャンですが、うん、安定感抜群。

秋の夕暮れ、秋の夜長に永く付き合える作品です。ジャズを聴き始めようと思う方にもオススメ。

さて、旅のしおりでも作るか!!←ウソ

Posted by クレフ at 2012年10月22日 22:39 ピアノ

世界最強のアニソン

いつか?忘れて、誰の演奏だったかも思い出せないのですが。

ピアニストが『アニソン演奏します!!』って言うから

ドラゴンボール?

ガンダム??

もしや?マジンガーZ??

とワクワクしたら、



何の事はない、ディズニーやん!! 

しかし、自分の中で『あ!!アニソンだ!!確かに!!』

そうです、ディズニーはアニメなんだ!!と当たり前ですが、あらためて納得。

そんな訳で世界最強のアニソンは、ディズニーに決定しました。



今までは、ジブリだったけど。

たぶん、“When you wish upon a star"が最も有名ですかね??

素晴らしい作品を多く残したディズニーですが、こんな話もあるの?知ってます?

長いのと書くの大変なんでwikiから借りてきますね!!

全世界規模で事業を展開するディズニー社であるが、作品そのものではなく、人権抑圧・侵害と並行した多国籍企業としての事業拡大への抗議批判も多い。
ディズニー社による児童奴隷労働

ディズニー社が、自社の映画と連動した玩具や衣服の商品化を始めて行ったのは、1937年の『白雪姫』の公開に合わせてのことだった。結果は驚くべきものであり、この年の末までにディズニー社は、この映画の関連商品から、800万ドル(当時)を稼ぎ出したのである。ウォルト・ディズニーは前年の1936年に、「我々の主要な観客は女性である」とコメント。ウォルトの死後、低迷期を経たディズニー社は、1980年代に「主要な観客は彼女らの家族である」とした。こうして、ディズニー社はその言葉通り、幼い女児を対象とした映画作りと、これに合わせた商品開発を連綿と続けるに至った。

こうして「家族向け」に制作されるディズニー社の映画作品における、「キャラクターグッズ」の生産工場は、東南アジア、中南米、中央アジア、中近東、東欧などの発展途上国を拠点として、約3000の工場と数千人の労働者を擁しており、児童労働、社会保障無視、給料遅延、有害な溶剤や材料からの健康被害などの常態化、その労働環境の劣悪さが批判されている。

ディズニー社から正式ライセンスを受けたこれら「労働搾取工場(Sweatshops)」には、「Nathan J. Company」、「Too Cute」、「L.V. Myles」、「Classic Apparel」、「Keyhing Toys」、「Eden Group Mamiye Brothers/American Character」、「Victoria Garment Manufacturing」などがある。これらの工場は労使間の規制が厳しく、労働者は賃金交渉ができない仕組みになっている。またそもそも賃金自体が違法なレベルである。これらの工場では、児童労働者の雇用拡大のために、成人労働者の多くを解雇している。児童労働者のほうが、より低賃金かつ従順な労働力となるからである。

1995年、アメリカ連邦政府の調査機関は、ロサンゼルスの2つのディズニー搾取工場を強制捜査した。うちひとつの「Nathan J社工場」は、12歳程度の子供向けの衣服の製造のために、同じ年頃の児童を働かせていた。もう一方の工場「Too Cute」は、タイの密航請負業者と結託し「Too Cute(可愛過ぎる)」とのラベル商品の製造にタイからの密航者(業者から借金している)を充て、児童を含む彼らに事実上無報酬の奴隷労働を強いていた。

1998年、アメリカのNGO組織「人と労働者の権利を支援する国際労働委員会(NLC)」は、ハイチにおけるディズニーのキャラクターグッズの生産工場が、ハイチ人の労働者に時給60セント[19]の条件を呑ませようとしているとし、また「人間扱いされていない」とのハイチ人労働者の声を伝えた。 NLCは、ディズニー社の経営陣に対し、「少しは人間性を見せてほしい」と要求している。このハイチの工場では、労働組合を作ろうとした従業員150人が即座に解雇されている。またNLCは前年の1997年に、メキシコ国境のアクーニャにある『ヘラクレス』や『ライオンキング』、『101』などのキャラクターの子供用シャツの縫製工場「Classic Apparel」を調査し、強制的な残業、清潔な飲料水の不足、トイレ休憩の制限を報告している。作業場はネズミが走り回る不潔なもので、飲料用水道は便所の脇にあり、この水を飲んだ多くの女性従業員が罹病していた。

2001年12月、カリフォルニア州にあるディズニー傘下のグッズ工場「KTB社」で、7歳から15歳の子どもを含む約800人の非白人系従業員が、時給1.35ドル(日本円で150円にも足りない)でディズニーアニメのキャラクターグッズの生産に従事していることが明らかになった。ディズニー社は当初知らぬ存ぜぬの姿勢を採ったが、後に労働者たちに対し補償金の支払い表明を行っている。また香港でも同様に、タコ部屋によるわずか5000円程度の月給での、児童を含む休日なしの1日18時間労働実態が香港キリスト教工業委員会によって報告されている。マカオでは年休なしの1週間109時間労働を強いられている従業員の時給が約10円だった。対するディズニーCEOマイケル・アイズナーの月給(役員報酬)は、この時期で約8億5千万円だった。また、現在のディズニーCEOロバート・アイガー(Robert Iger)の場合は2071万ドル(20億円超)である(2008年度報告)。

2002年、ベトナムでの、「マクドナルド[23] のディズニーキャラクターのおまけ玩具(ハッピーセット)」の生産工場「Keyhing Toys」では1800人の従業員中90%が10代の少女たちであり、劣悪な作業環境の中、200人の女性従業員がアセトン被害で慢性的な生理不順や頭痛に苦しんでいるが、工場側は一切の待遇改善、健康保障を拒絶している。また、工場のマネージャーは、これら児童、女性従業員に日常的に体罰を加えていた。この「Keyhing Toys」工場やミャンマーの工場従業員の時給は6セントだった。こういった労働搾取工場の従業員は、ほとんどが10歳から30歳までの女性・児童であり、彼女らの解雇を恐れての妊娠回避の奨励や、工場責任者からの愛人関係の強要、また60セントから35ドルまでの頻繁に課せられる「罰金」制度、強制残業などによる奴隷労働が、これらアジアの搾取工場では一般的とされている。インドネシアの工場では、子供たちが逃げ出さないよう、出入り口が針金で施錠されていた。タイの「Eden Group」は、成人従業員1145人を解雇し、これを児童従業員に切り替えている。

ここで注意したいのは、ウォルト・ディズニー社が「ユニセフ」が掲げる「児童労働と性的搾取からの保護を含む、子供の権利保護」で、最も活動的なメンバー組織だということである。ディズニー社はこれらの搾取工場の違法状態をすべて把握しているにもかかわらず、自社のキャラクター製品の生産のためにこれら児童奴隷の搾取工場を使用し続けているのである。以下に挙げる男女は、ウォルト・ディズニー社の歴代理事であり、こうした「児童奴隷労働を黙認することで、不当な利益を得続けている」として多数の団体や個人から、国際的な糾弾を受け続けている当事者である。

Susan Arnold、Robert Iger、Monica C. Lozano、John E. Bryson、Steve Jobs、Robert Matschullat、John S. Chen、Orin C. Smith、Fred Langhammer、John E. Pepper, Jr.、Judith Estrin、Aylwin Lewis

「人と労働者の権利を支援する国際労働委員会(NLC)」のチャールズ・カーナガンは、「ディズニーのシャツを作っている人々は、言語に絶する悲惨さの中で生きている」とコメントし、ハイチの子供たちは『ノートルダムの鐘』、『ポカホンタス』、『ライオンキング』、「ミッキーマウス(「子供のためのミッキー」ブランド)」の衣類、香港とベトナムの子供たちはハッピーセット、中国の子供たちは『リトルマーメイド』、『トイ・ストーリー』、および「ミニーマウス物」を作らされており、これらの工場では満足な換気設備もなく、また防毒マスクも支給されず、有害な溶剤の蒸気吸入によって、すでに3人の労働者が死亡したと報告している。また、アメリカのTV報道番組「NBCニュース」では、ジョー・アレンによって、「ロサンゼルスの工場では子供たちは時給6セントで働かされており、たいていの場合、これらの児童労働者たちは有機溶剤によって手を腐食されている」、「インドネシアでは12歳前後の子供が、ぬいぐるみの詰めもの作業をさせられており、工場所有者は『子供のほうが従わせるのがより簡単なので、労働力として子供を使うほうがいい』と誇らしげに語った」との実情が報じられている[24] 。『ポカホンタス』や『眠れる森の美女』などのキャラクターシャツの搾取工場としては、上記の国の他にマカオ、ホンジュラス、ビルマ、バングラデシュなどがある。ディズニー社の販売する『リトルマーメイド』のティアラとスティックの玩具は、これらの国の物価を吊り上げるまでの経済的影響を与えている。

2000年代に入って、シャーリー・スレシンジャー(Shirley Slesinger Lasswell)はNLCと共同で、これらディズニー搾取工場に対する改善要求を開始、最晩年まで抗議を行っている。また、ディズニー製品のハイチ工場の責任者が「より安い生産拠点」として中国に拠点を移すと発表した際には、米国政府はマイケル・アイズナー宛てに労働条件改善を促す親書を送ったが、アイズナーはこれを無視。ハイチの工場は閉鎖縮小され、中国への移転が行われた 。

とまあ、結構、酷いんです。

夢と現実は〜〜と言いますが><。

悲しいですね。







Posted by クレフ at 2012年10月21日 18:06 映画とジャズ

木津川

結婚式もほどほどに切り上げ、一路木津川市へ。

大阪から天王寺、奈良、そして木津川。

とっても慌ただしいのですが、ハーモニカのCD発売記念コンサートへ。

制作関係者がお休みって訳にはいきませんよね、殺されちゃいます。

さて、僕自身カッチリした革靴で走ったりしませんが、この日はよく走りました
だって時間がないんだもん。ビックリするぐらい未舗装道路は走りにくい。また、怪我するところですね。なんとか4時には間に合いまして。

あっ!!場所は、9月のマット・サベージ君の会場と同じです。

あの時は、まだとってもアツかったですね、9月だもんね。

一言挨拶を済ませ、フラフラお庭でゆっくり。日本のお庭はとっても好きなんですよね。

紅葉には少し早かったのですが少しの秋を感じてきました。








それに日が暮れる時間がとっても早いですね〜〜。




さあ、神戸に帰らないと。

ジャズの話、忘れとった〜〜!!

普通、Autumn Leaves とか Autumn in New York or Tis Autumn なんか?が出て来るんじゃないかな?

でも天の邪鬼な私は、Autumn Nocturneなんか出しちゃいます。日本で演奏を聴く機会なんて今までなかったと思います。



良く名盤集で取り上げられる、Lou Donaldson!!



とってもこの季節感をうまく表現した曲ですよね。

う〜ん、名晩秋。

あれ?おもしろくない?




Posted by クレフ at 2012年10月16日 17:47 アルトサックス

結婚式

結婚式って良いもんですね。

大阪のルクアにある結婚式場まで朝一、出勤。

今回、不肖 村田太 受付の大役を命じられまして、はい。

特別、緊張した訳でもありませんが、僕で良いん?と思っとりましたが。

はてさて、私の職業柄、流れている音楽には少々うるさく!!その会場に足を踏み入れた瞬間

あ!!エバンスやん、それに” Detour Ahead ”あ、このアルバムね!!



正直、ベタやね〜、でも最初に私がジャズを聞き出した頃、とても良く聞いたアルバム、感動〜〜ジーン。

そんなこんなで、新郎のおじいちゃん発見!!
今回、このおじいちゃんが正直、恐かった。式の3週間前に突然お店に来て頂いた時
古いコニャック”CAMUS”を持ってきて『この度はお世話になります!!』でした。

どうも、おじいちゃんコレクションの中の1本で30年前のボトル、多分、あの形とケースがとても古くそのぐらいかと私もだろうな〜。
でも、今買ったら高いぞ〜とゾゾゾ〜。

おじいちゃん、もうお年で飲まないそう><、こんなん貰ったらちゃんとせなあかんやん〜〜。

こういうプレッシャーに弱い私。

ですが、前日、Yahoo!の知恵袋で覚えてる事があってるか?確認。僕って思い込み激しいから
確認しとかないと危ないんです。

最近もこの曲”Thou Swell”って言います。



たまに邦題が付いてる曲がありますよね!!

”Thou Swell”を『素敵なあなた』と間違って覚えてました。

だって、訳したら『汝、かっこいい』じゃないか!!

あっ、反対やん!!とあとで気づく><。

よくやるんです><よく読まなきゃ!!

そんなこんなで受付、意外とたぶん、そんなに粗相はなかったと思います。

その後は、少々趣味の写真!!









いや〜、本当に良いもんですね!!

どうぞ、お幸せに!!


また、外れるところでした。

Thou Swellの入ってるアルバムならコレです!!



New York Trio



www.amazon.co.jp/THOU-SWELL-君はすてき-ニューヨーク・トリオ/dp/B000KF0ROE




Posted by クレフ at 2012年10月14日 16:27 その他

Los Angeles

とある知人がロサンゼルスに行くそうです。

羨ましくて仕方がありません、ジェラシーにエンビーです><。

その目的がまたJazzだから許せませんよね!!

とっても親しい方です、天婦羅ごちそうしてもらったり、いろいろ助けて頂いたり。

まあ、そんな訳でロサンゼルスのライブハウスを探して、Roy Hargrove Quintetにが〜〜ん。
$25なんて><。



あ〜〜やばい。

それ以外にも僕の注目ピアニストでもある、Josh Nelson。

彼の自己バンドが出演してる><。



現在、西海岸のミュージシャンって結構、アツいんですよね。
この辺りは、小島良太大先生の十八番なので彼に説明して頂くとして。

Josh Nelsonを本場で聞いてみたい理由として、この映像を観てわかる通り

映像+演奏

なんです。日本ってジャズ=演奏でしょ、ポップスやロックなんかではこういった企画ありますよね。

でもジャズの世界では、稀なんです。いつかしてみたいですね、でも予算ってどうしよう???



僕が西海岸のジャズにはまったアルバムを紹介します。

コレです、



とてもシャープな演奏で白人独特のスピード感と知的な音が私を虜にしました。

そもそものレコード漁りは、ここから始ったと思います><。



www.amazon.co.jp/West-Coast-Jazz-Stan-Getz/dp/B00000HYIH/ref=ntt_mus_dp_dpt_8





Posted by クレフ at 2012年10月08日 20:56 その他
< 2012年10>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近のコメント
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
クレフ
クレフ
茶房Voiceの太と新人類Ryoがジャズ入門者に是非とも聴いてもらいたい『一枚』や様々な『情報』をお薦めしていきます。