Freedom Jazz dance

Freedom Jazz dance

協賛のお願い

三月も終わりですね。

このブログでは、ユーチューブなどを使ってでジャズを紹介してきました。

今回は、別件?全くジャズから離れる訳ではありません。

私(村田太)は、『Kobe Modern Jazz Club』という年に2回のコンサートを主宰しておりまして
ある人たちに言わせれば、お客様に媚びない、自分勝手?やりたい放題?などなどと言われております。

私にしてみれば、他で聞ける事?なんでせなあかんねん!!てな感じで我が道を行くでした。

ただ、私にもポリシーがありまして、一つは、¥1000の入場料でやる事。二つ、ありきたりをしない。
です。

正直に言うと、この会が成り立っているのはミュージシャンの皆様、多くの支援者様、協賛企業様にお世話になっているからです。

皆様、いつも無理ばっかり言ってすみません。

こんな訳の解んない事ばかりして、すみません。と思いながら毎回『協賛にのってください!!』を
繰り返してます。

そんな訳でこのブログでも『協賛のお願い』をしてみたいと思います。

まず、なにをするか?








前々回位に紹介したピアニスト Matt Savage君を日本に呼びたい!!


理由(前回ここまで書くか?悩んでました)

 マット・サベージは、サヴァン症候群という自閉症の中である分野に限って常人には
及びもつかない能力を発揮する、世界で数人しかいない音楽の天才です。
日本では画家の山下清が有名ですがその音楽版と言って良いでしょう。

 当時7歳という年齢にも関わらず、マットの能力を認めた世界三大ピアノメーカーの
ベーゼンドファーは184年の歴史の中で初めて子供との専属契約を結びました。さらに
ジュリアード音楽院教授ウィントン・マルサリスは彼を高く評価し自身と彼の名義で全米
ツアーを成功させる。現在19歳のマットはブルーノートと並び世界有数のライブハウス
であるバードランド、リンカーンセンターに自己のバンドで出演中。
すでに9枚のリーダーアルバムを発表。

彼の音楽は、経験の風景に感情の風景を合成する感性と創造における力強い生命感に
溢れすでに神秘的な世界を創り出している。

彼において新しい経験は、創作の活力になり新たな世界へのキッカケになるでしょう。
私の人生において、サヴァンに巡り会う事はもうないでしょう、この機会にぜひとも
私たちの日本をマットに経験させてあげたい。

です。

簡単に『世界の天才をこの目?今回は耳で聞いてみたい。』です。

日時等は、
16th Kobe Modern Jazz Club
2012年9月1日(土)
4:00pm~開場
5:00pm~開演
会場  中華会舘(東亜ホール)7F
神戸市中央区下山手通2ー13ー9  TEL 078ー392ー2711 
出演者  マット・サベージ(Pf) 
石川 翔太(b)竹田 逹彦(ds)    
入場料 1000円
事務局 TEL&FAX 078-334-3668(茶房 voice内)

ただ、お金下さいって、世の中難しいですよね。

私達、神戸モダンジャズクラブがお返し出来る事

1、良い音楽を創れる。
2、チケット2枚進呈
3、チラシ3000枚裏面に貴社名・住所・電話番号、URLの場合は、住所・電話番号は記載できません。
サイズ 横3cm × 天地2cm モノクロ
4、貴社のPR印刷物等、当日、250部手配りさせて頂きます。

協賛料 ¥10000−です。

もし、興味を持って頂けましたら kobemodernjazzclub@gmail.com (村田)まで
お願い致します。

村田 太

















Posted by クレフ at 2012年03月29日 14:41 その他

孤高の人

太さんにブログをまかせっきりになってしまいました。
久々に書かせていただきますので、皆様暫しお付き合いください。

近年、若手ジャズミュージシャンの俊英が日本はもちろん、海外でも活躍しています。
何か取ってつけたようなゴリ押しをされているのもチラホラ見かけますが、純粋に実力があって、
高い音楽性を持った方がたくさん出てきて、新たな潮流を生み出しているように感じます。
演奏する側、聴く側共にマイノリティーなジャズ界ですが、その分、シーンは深化しているのではないでしょうか。

さて、そんな中今回紹介するのは、若手ではなく大ベテラン。笑
“プーさん”の愛称で親しまれる、日本ジャズを代表するピアニスト、菊地雅章(まさぶみ)氏の新作です。
氏は現在ニューヨークに在住し活動しております。



正直、氏の作品を多く聴いているわけではないですし、おそらく氏のこれまでの長いキャリアで披露してきた幅広い音楽性をフォローしきれるとも思えません。
ただ、彼の紡ぐピアノを聴くと否応なく、その世界に浸りたい、集中して聴いていたいという衝動に駆られます。
そんな彼の久々の新作がECMレーベルから遂に発売されました(「Sunrise」)。
数年前からピアノソロでの発売は噂されていたのですが、蓋を開けてみるとトリオでの作品。
新進のべーシスト、トーマス・モーガンと先日亡くなった伝説的ドラマーで菊地氏の盟友でもあるポール・モチアンとの演奏が収められています。
おそらくモチアンへの追悼という意味合いも含まれているようです。

一音一音を探りながら、表現に必要と思われる音を抽出する菊地氏のピアノに、定型的なリズムセクションではなく、音の流れるまま対話するかのようにフレーズの輪郭を色づけていく2人。



音楽は字の如く楽しめる、ジャズでいうとちょっと粋でスウィングしている感じが好きな私ですが、
時にはこういった“高尚”なジャズに触れてみたくなります。
芸術の秋ならぬ春に、こういったジャズの側面に触れてみるのも良い機会ではないでしょうか。

Ryo.K

Posted by クレフ at 2012年03月25日 15:28 ピアノ

春の雨

やっと、たまに暖かい日が現れるようになり、春の訪れを感じる日々です。

私にとって春のイメージって何でしょうね?

言われると結構答えられないもんです。
ふと、思いついた曲。



何となく伝わったかな?

私にとって冬から春は、芽吹きや思っていた事、考えていた事を行動に移すような活動の始まりのように思います。

この曲は、全然知りません。確か?クラシックの曲だったかな?
最近なんです、歌詞がある事を知ったのは。

まあ、そんなのはどっちでも良くメロディーが春の様に聞こえるんです。

まだ、雪解けを待つ草木が土の中で大きな力を蓄え、自分の夢を叶えようとしているかのように。

『勇気』、この言葉が私の春というイメージなのでしょうか。

だから、同じ人でもこういう曲を選びますね。



このヴォーカルは、Jane Monheit。

彼女自身、もうだいぶキャリアがありしっかりした個性を持っていますね。

最初に紹介した『If』という曲が収録されているCDは、



www.amazon.co.jp/Come-Dream-With-Jane-Monheit/dp/B00005AWDF/ref=pd_sim_m_2/377-8243487-3580456

です。

春は近いですが、私の場合、風邪も近いようです。





Posted by クレフ at 2012年03月17日 18:01 ヴォーカル

ご報告

前回、少し鬱的なブログを書いてしまいましたね。

やっと、中身をしゃべれる?書けるようになったのでご報告します。

年に2回Kobe Modern Jazz Clubというイベントを主宰しておりまして、昨年から震災の影響や行き詰まり感から1年お休みさせて頂いてました。

その間、いろんな妄想を膨らませ、実現可能か?やれるだろうか?を悶々と考えていました。

その中で私が出した答えは、Matt Savageというピアニストでした。


誰なの?

そうですね、私は、いつもマイナーリーグからミュージシャンを探しますが彼は少し違います。
マットは、アメリカで7歳でデビューし、現在19歳の本当の若手です。

大体、日本で天才少年なんてメディアが騒ぎ立て創り上げる偶像と私は考えます。
3年後、5年後、話題にならないでしょ?

しかし、アメリカってそんな訳には行かないんです。

天才ばかり集めたギフテッドスクールなる特殊学校が存在し彼ら?彼女ら?は、専門の教育を受けるんですね。

で話を戻すとマット・サヴェージ君は、7歳の時点でジュリアードの教授であるウィントン・マルサリス(Ipodの宣伝に出てたトランぺッター)に引っ張られ全米デビューを果たし、ブルーノートと並び世界有数のライブハウスである、バードランド、リンカーンセンターに自己のバンドで出演しているアメリカが誇る若手なんです。

なんで?こんな人が日本で有名でないの?簡単な話、若すぎるんです。
契約、法律社会のアメリカでは、未成年に対する契約って難しいんです、親の許可等日本でも未成年って五月蝿いですよね。そんなこんなで昨年から本人とマットママとのいつまで続くんだろうメールを繰り返し、昨日
正式にサインしましてご報告できる様になりました。

これって?勝手にしていいの?

ウ〜ん、もしかして怒ってくるとこあるかもしれません。でも、マネージャーであり親であるママがOK!!なんで問題はないと思ってます。ただ、現在アメリカのバークリー音楽院という専門の学校の特待生(宣伝など兼ねたエリート)で、神戸に提携校があるのでなんか?言われちゃうかもしれません。

まあ、気にしない。

さあ、皆様にその演奏を見て頂きましょう!!

なんでか?中国語のCNNですが、アメリカ版あったのに見つかんない。







ソロの曲が構成と展開力が絶対受けると確信した瞬間。

ホームページは、http://www.savagerecords.com/

正直、ハリー・ポッターに似てませんか?

私だけでしょうか?







Posted by クレフ at 2012年03月10日 14:10 ピアノ

沈黙

人には、言えない事って多くありませんか?

悪気がある、なしに関わらず喋れない事が私には多いのです。

正直、話して楽になりたいと思う事なんて沢山あります。

愚痴っぽくなりますが結局の所、責任を取ったり後始末をするのは自分だと思います。

だから、自分で考え、自分で行動し、自分で謝る。

そんな考えでいると新入社員に課している『報 連 相』なんて責任を取らなくて良いように運ぶ最善の手段の様に思えます。

本当に良いんだろうか?

せめて自分は、他人のせいせず、起こりうるすべては自分が招いた事と思いながら生きて行きたいですね。

そんな時に何が聞きたいか?私的に絶対これとこれ!!






自分の信じた事を出来うる限り、素直に表現していきたい!!



http://www.amazon.co.jp/Tokyo-96-Keith-Trio-Jarrett/dp/B000024Z3N/ref=sr_1_32?ie=UTF8&qid=1330580304&sr=8-32

Posted by クレフ at 2012年03月01日 14:44 ピアノ
< 2012年03>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のコメント
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
クレフ
クレフ
茶房Voiceの太と新人類Ryoがジャズ入門者に是非とも聴いてもらいたい『一枚』や様々な『情報』をお薦めしていきます。