Freedom Jazz dance

Freedom Jazz dance

TOOTH TOOTH SOLEIL - Kiss FM KOBE

Kiss FM ラジオ『TOOTH TOOTH SOLEIL』 さんに出演させていただきました!!



http://www.kiss-fm.co.jp/program_blog/tooth/index.php?c=4-

27th Kobe Modern Jazz Club LRK Trio Japan Tour 2017の宣伝です!!



さて、チケットをどうやって、手に入れるのか?
という問い合わせがありましたので

方法は、茶房Voiceまで直接買いに来て頂く、、です。すっごく、アナログですいません。
公平に取り置き、予約も受けておりません、、いわゆる、早い者勝ちなのです。
どうか、ご理解よろしくお願いします。

茶房Voice
http://www.jazz-voice.biz/


27th Kobe Modern Jazz Club LRK Trio Japan Tour 2017
Plays Fairy Tale
2017年9月2日(土) 
Evgeny Lebedev(Pf) Anton Revnyuk(B) Ignat Kravtsov(Ds)
エブゲニー・レベデフ(Pf) アントン・リブュニク(B) イグナット・クラフトソフ (Ds)
会場 中華会舘(東亜ホール)7F http://www.zhonghua-huiguan.com/index.php?mode=about
神戸市中央区下山手通2ー13ー9
Open 4:00~ 1st 5:00~ 2nd 6:30~   
前売チケット ¥1000−(予約不可)
当日券は発行しません。前売をお買い求めください!!
チケットのお買い求めは、茶房ヴォイスまで 
http://www.jazz-voice.biz/ 



Posted by クレフ at 2017年08月19日 13:59 ライブ現代ジャズシーン

ロシアから見た『赤とんぼ』 前売券 残り50名様!!

¥1000-前売チケット 限定250名様、早い者勝ちです,,,と売り始めて、残り50枚!!
皆様、ちゃんと前売をお持ちでしょうか?
さて、いつものことなので改めてアップする必要はないか?と思いましたが、、あまりにもユニークな
楽曲をもらったので紹介したいと思います。これです!!



独特の節回しというか?日本語的解釈0%なんでこうなるんですね〜。えっらい、壮大な赤とんぼに豹変
してますね。そうです、自由な解釈でいいんですよ。だからこそ、聴いている者に新しいアイデアを与えられる。いつも見ている風景が、違って見えるなんて素敵ですね。




彼らの奏でる旋律に狂喜する。そして、鮮烈な感性に歓喜の声を上げることだろう。ロシアの至宝“LRK Trio”日本初来日
27th Kobe Modern Jazz Club LRK Trio Japan Tour 2017
Plays Fairy Tale
2017年9月2日(土) 
Evgeny Lebedev(Pf) Anton Revnyuk(B) Ignat Kravtsov(Ds)
エブゲニー・レベデフ(Pf) アントン・リブュニク(B) イグナット・クラフトソフ (Ds)
会場 中華会舘(東亜ホール)7F http://www.zhonghua-huiguan.com/index.php?mode=about
神戸市中央区下山手通2ー13ー9
Open 4:00~ 1st 5:00~ 2nd 6:30~   
前売チケット ¥1000−(予約不可)
当日券は発行しません。前売をお買い求めください!!
チケットのお買い求めは、茶房ヴォイスまで 
http://www.jazz-voice.biz/ 

Posted by クレフ at 2017年08月08日 20:35 ライブ現代ジャズシーン

恒例¥1000コンサート 27th Kobe Modern Jazz Club(限定250名様)





¥1000-前売チケット 限定250名様、早い者勝ちです。
彼らの奏でる旋律に狂喜する。そして、鮮烈な感性に歓喜の声を上げることだろう。ロシアの至宝“LRK Trio”日本初来日
27th Kobe Modern Jazz Club LRK Trio Japan Tour 2017
Plays Fairy Tale
2017年9月2日(土) 
Evgeny Lebedev(Pf) Anton Revnyuk(B) Ignat Kravtsov(Ds)
エブゲニー・レベデフ(Pf) アントン・リブュニク(B) イグナット・クラフトソフ (Ds)
会場 中華会舘(東亜ホール)7F http://www.zhonghua-huiguan.com/index.php?mode=about
神戸市中央区下山手通2ー13ー9
Open 4:00~ 1st 5:00~ 2nd 6:30~   
前売チケット ¥1000−(予約不可)
当日券は発行しません。前売をお買い求めください!!
チケットのお買い求めは、茶房ヴォイスまで 
http://www.jazz-voice.biz/ 

Posted by クレフ at 2017年06月08日 17:41 ライブ現代ジャズシーン

LRK Trio at Izumi Hall in Kyoto 木津川

日本語表記が難しいと思う今日この頃。
Evgeny Lebedev、、、エフゲニー・リーバジェフ?レベデフ?レベチェフ?、、わ、解らん。
本人に聞いてみよう。

さてさて、今年も行きます。木津川!!もうね、僕の第2の故郷だね。
奈良からもすぐ!!
LRK Trio Japan Tour 2017 京都木津川公演
彼らの奏でる旋律に狂喜する。そして、鮮烈な感性に歓喜の声を上げることだろう。ロシアの至宝“LRK Trio”日本初来日






8月31日(木) 木津川公演
Evgeny Lebedev(Pf) Anton Revnyuk(B) Ignat Kravtsov(Ds)
エブゲニー・レベデフ(Pf) アントン・リブュニク(B) イグナット・クラフトソフ (Ds)
Ticket ¥3000- Open 18:30~ Start 19:00~
会場:木津川市中央交流会館 いずみホール http://www.city.kizugawa.lg.jp/index.cfm/8,4949,37,307,html
木津川市木津宮ノ内92番地 ☎0774-72-8800
主催 クラブ八木邸
お問い合わせ ☎078-334-3668 メール www.dai@io.ocn.ne.jp 村田まで

Posted by クレフ at 2017年06月04日 13:44 ライブ現代ジャズシーン

LRK Trio Live at Half Moon Hall in Tokyo 下北沢

今年は、ロシアから超おすすめのトリオを呼んじゃいます!!
ツアー初日は、東京です!!
100人丁度の下北沢のHalf Moon Hallさんでフル・アコースティックでお届けします!!
また、前売りを購入されますともれなくサンプルCDをお付けします!!また、僕割りで¥3000−です。
LRK Trio Japan Tour 2017 東京公演
彼らの奏でる旋律に狂喜する。そして、鮮烈な感性に歓喜の声を上げることだろう。ロシアの至宝“LRK Trio”日本初来日
おすすめ動画





8/30(Wed) Half Moon Hall Tokyo
Evgeny Lebedev(Pf) Anton Revnyuk(B) Ignat Kravtsov(Ds)
エブゲニー・レベデフ(Pf) アントン・リブュニク(B) イグナット・クラフトソフ (Ds)
場所 Half Moon Hall 東京 下北沢 http://www.halfmoonhall.com/
時間 Open 7:00~ 1st 7:30~ 2nd 9:00~入替はしません!!
前売¥3000−サンプルCD付 当日¥4000−
お問い合わせ 茶房ヴォイス http://www.jazz-voice.biz/
☎078−334−3668 メール www.dai@io.ocn.ne.jp 村田まで!!

Posted by クレフ at 2017年06月01日 14:06 ライブドラムベース現代ジャズシーン

河村英樹 "LIVE"初リーダーアルバム発売!!!

3月1日!!
ついに河村英樹さんのCDがリリースされます!!パチパチパチ!!
写真&デザインを担当させて頂きました。いやっは〜!!



今回も難事件、難問が沢山、本当に沢山ありました。僕の人生初!!みたいな事もあり詳しくは、直接聞いて
ください。

アマゾンでも購入できます!!
https://www.amazon.co.jp/Live-%E6%B2%B3%E6%9D%91%E8%8B%B1%E6%A8%B9/dp/B06VWDNN68

ですが、本人から直接買ってもらえるのが一番!!です。
そこで、、、
河村英樹“LIVE”CDリリース記念ライブの案内です!!
3/23(木) ラグタイム大阪
河村英樹(ts) 橋本有津子(org) 橋本裕(gt) 佐藤英宜(ds)
Charge2500円 19:30~ 21:15~ ☎06-6214-5306
http://www.rugtime-osaka.com/

4/2(日) 神戸北野 オールディーズ
河村英樹(ts) 橋本有津子(org) 橋本裕(gt) 東敏之(ds)
Charge2500円 19:30~2ステージ ☎078-221-0424
http://kitanooldies.web.fc2.com/

ぜひ、こちらで本人から購入して頂きたい。

もし、都合が合わないなあ?

3月
3/11(sat) 波止場ジャズフェスティバル 神戸 萬屋宗兵衛
橋本有津子(org)橋本裕(gt)河村英樹(ts)東敏之(ds)

3/12(sun) 高槻 JK RUSH
佐藤洋(eb)4

池田芳夫(b)DADAツアー
池田芳夫(b)緑川英徳(as)河村英樹(ts)江藤良人(ds)
3/15(wed) 東京荻窪 ルースター
3/16(thu) 静岡 ブラウンシュガー
3/17(fri) 名古屋 ラブリー
3/18(sat) 名古屋 ラブリー
3/19(sun) 大阪梅田 ロイヤルホース


3/23(thu) 心斎橋 ラグタイム大阪
河村英樹“LIVE”CDリリース記念ライブ
河村英樹(ts)橋本有津子(hammond b3 org)橋本裕(gt)佐藤英宜(ds)

3/25(sat) 北新地 クレッセント
児玉有里子(vo)藪下学(gt)河村英樹(ts)


4月

4/1(sat) 神戸 バー マティーニ
志水愛(p)河村英樹(ts)

4/2(sun) 神戸北野 オールディーズ
河村英樹“LIVE”CDリリース記念ライブ
河村英樹(ts)橋本有津子(hammond b3 org)橋本裕(gt)東敏之(ds)

4/6(thu) 心斎橋 ラグタイム大阪
高橋俊男(p)河村英樹(ts)

4/7(fri) 明石 POCHI
広瀬未来(tp)坂本菜々(tb)河村英樹(ts)中島徹(p)荒玉哲郎(b)東敏之(ds)

4/8(sat) 難波 B-ROXY
広瀬未来(tp)坂本菜々(tb)河村英樹(ts)平倉初音(p)荒玉哲郎(b)東敏之(ds)

4/12(wed) 明石 POCHI
コードレスカルテット 田中洋一(tp)河村英樹(ts)荒玉哲郎(b)東敏之(ds)

4/19(wed) 心斎橋 ラグタイム大阪
河村英樹(ts)他

4/20(thu) 甲子園口 キャラバン
shinko(vo)河村英樹(ts)杉山悟史(p)

4/21(fri) 沖縄那覇 パーカーズムード
河村英樹(ts)城間巧介(gt)他

4/26(wed) 梅田 ロイヤルホース
広瀬未来(tp)5河村英樹(ts)藤川幸恵(p)坂崎拓也(b)中村雄二郎(ds)

4/30(sun) 神戸 ソネ
岩高淳(ds)5

ぜひ、こちらへ〜〜!! 話しかけにくかったら『ダイちゃんから〜』と声を掛けてください!!
すっごく喜んでくれると思います!!







Posted by クレフ at 2017年02月28日 20:51 ライブテナーサックスその他現代ジャズシーン

前売り限定250名様、早い者勝ち

毎年、恒例のKobe Modern Jazz Clubです!!
2017年3月は、イケメン・イタリア人ジャズピアニストの捕獲に成功。



本当にグンゼの白シャツが似合う男子はイケメン罪で有罪!!

それにピアノが上手いとは、どういうことでしょう!!





26th Kobe Modern Jazz Club
Plays Espressioni
2017年3月4日(土) 
Claudio Vignali (Pf) 甲斐 正樹(B)  則武 諒(Ds)
会場 中華会舘(東亜ホール)7F 
神戸市中央区下山手通2ー13ー9
Open 4:00~ 1st 5:00~ 2nd 6:30~   
前売チケット ¥1000−(予約不可)
当日券は発行しません。前売をお買い求めください!!
チケットのお買い求めは、茶房ヴォイスまで 
http://www.jazz-voice.biz/ 

Claudio Vignali (クラウディオ・ヴィニャーリ)
アペニン山脈が二つある事を御存知だろうか。
一つはイタリアに、もう一つは月にある。
彼はイタリア、アペニンの小さな町に生まれ育ったという。
彼のピアノをたとえるならば、列車の旅。
その音は車窓から吹く風のように豊かな香りを運ぶ。
来る宵、神戸に月のアペニン行き銀河鉄道が訪れる。
                      井上太一


Posted by クレフ at 2016年12月18日 13:50 ライブ現代ジャズシーン

1つの夢の終り

無事、Hristo Vitchev Japan Tour 2016を終了できました!!ありがとうございます!!
東京のお客様、お手伝いして頂いた皆様、Day By Dayにお越し頂いたお客様&緑ママ、大阪アズールにお越し頂いたお客様&お店のスタッフ様、第25回 Kobe Modern Jazz Club にお越し頂いたお客様、お手伝いしてくださったスタッフ様、京都木津川いずみホールににお越し頂いたお客様、お手伝いして頂いた皆様、沢山すぎて、、、書けない><。ほんとうにありがとうございました!!



いつもいつも沢山のお客様ありがとうございます!!



僕の夢の1つだった、、バンド丸ごと、、または、サンフランシスコそのまんま、持って来るという
野望は、あっ!!という間に終わった?出来た。完了。意外と難しくなかった。メンバーもいい感じの感覚日本人でしたので大きなトラブルは無かった。
いつか、アメリカの価格をそのまま、日本で出来たらな〜!!と思ってたんです。大阪アズールに至っては、そのまんまアメリカでしたからね!!いや〜!!満足。また、自分の思っていた『ジャズ』をちゃんとお客様に届ける事が出来てほんとうに嬉しい、感謝です!!

さて、
Q 一番しんどかった事は?
A 8月25日ぐらいから北に向かって来た台風10号くん!!君の事は永遠に忘れない!!
25日の時点で30日の成田来日、、、ドンピシャ!!ストライクだったのです><。4日間、吐きそうだった。ある人は、『季節だから』いえいえ、観測史上初東北ですやん!!とても無力に自分を思った。

Q 困った事は、ありましたか?
A ピアニスト ジャスナムの鞄をエアーカナダがバンクーバーに詰み忘れて、、、2日間、鞄無しだった。
毎日、電話して〜!!と『どこなんだ?』『ほんとうに来るのか?』と何回も電話した。コインランドリーなる物に出会えた。

Q 楽しかった事は?
A 成田のゲートからHristo Vitchevが出て来た事!!関空からジェットスターが飛んだ事!!
いや、まじでお客様、会場、スタッフになんて謝るか?土下座や!!土下座!!と心で唱えていたので、、、しなくて良くなった瞬間。。。

他に質問があれば、何なりと!!

そして、今回の戦利品!!そうです、写真です!!
























むちゃくちゃ、、、忙しい中で何とかカレンダー分の写真は撮れたと思う。

ホッとしました。
フリストからも『ありがとう!!』でした!!
What we experienced today will leave a mark for life!!! I have no words to express the gratitude and love for the absolutely world class reception that Dai Murata and the entire Kobe Modern Jazz Club gave us. To be able to experience this great country, culture, and people to its fullest has been the best gift a person can ask for!!!! Thank You from the bottom of my heart! This memory will forever live with me!!!
Japan see you next year!
Domo Arigato Gusai Mashta!!!

Hristo Vitchev



Posted by クレフ at 2016年09月07日 17:16 ライブギタードラムベース現代ジャズシーン

検証 ,,,クラウド・ファンディング Last

さて、アマゾンの話まででしたね。今回でまとめてみたいと思います。

CDの制作に必要なお金を先に出資してもらい、コンサートをレコーディングして発売する。

おおよその内訳をまとめてみますね。
1、会場費 各会場で料金等が違いますから何ともです。今回もお店の名前を入れての宣伝もあると言う事で
安くお借りしました。仮に¥20000−。

2、レコーディング&マスターエンジニアの人件費 一人はアマチュアであり親友。もう一人は、ちゃんとしたプロで3日間拘束で仮に¥30000−

3、CDプレス料金 ¥96000−ぐらいかな? ページ数等で変動します。

4、ジャズラック著作権料 使う楽曲&曲数に寄るんでしょうが、今回はほとんどスタンダードを使ったんでおおよそ¥50000−ぐらいかな?請求まだだし。。。。

5、写真&デザイン料 ここ僕なんで、、通常、ちゃんとした人に頼むと¥100000−ぐらいかな?
写真もプロに頼むとおんなじぐらいかな?人によるんで何ともいえませんが。

6、宣伝広告費 先のアマゾン¥9000−とCD発売チラシ¥4000−、送料¥10000
その他の登録に¥10000−

後は、ミュージシャンのギャラぐらいかな?ここは、いろいろあるんですよね。

今回みたいにMatt Savage君の交通費+食費+ホテル+ギャラになりますからね。

ギャラを除いて計算すると¥230000−ぐらいで出来ます。

そんでやね、最初に¥350000ー貰ってますので残り¥120000−ちゃんとしたデザイナーにお願いしたとしてもギャラを除いたほとんどをカバーできました。

よってこのクラウド・ファンディング方式は、割と使える!!

もし、ミュージシャンに¥200000−を支払ったとしても1000枚のCDで原価計算すると20%ぐらいに出来ますよね。

アマゾンで40〜50%取られても30%の儲けが出ます。手売りでしたらそれこそ80%の儲け。

実際、このやり方ならよくミュージシャンがバースディ・コンサートとか、やってますよね?それこそ、ピッタリな物になると思うのですが???どうでしょう?

ただし、この企画には、大きな落とし穴があります。。。。

演奏が悪かった時、どないすんねん!!

また、レコーディングのトラブル どないすんねん!!

はい、ここが大切。スタジオなら同じ曲を何回も納得するまで作れますが、ライブ・レコーディングでは、それこそ、

1発勝負

どうですか?やっぱりリスクって存在するんです。また、営業能力があまりにも乏しい人にも向かないかもしれません。まあ、ミュージシャン主導、意外にも営業力のある人がいればここは、良いとおもいます。

でも、なかなか魅力のあるシステムと思いますよ。






購入先
・石川翔太公式サイトより直接購入(¥2000+消費税+送料)
http://www.shotaishikawa.com/

また神戸の
Live Jazz Bar Basin Street http://www.basin-st.com/ 
茶房Voice http://www.jazz-voice.biz/ 
Bar Request http://www.100ban.jp/shop/shop02/ 
Food & Drink DAN http://tabelog.com/hyogo/A2801/A280111/28025129/ 
でも取扱中。

まで、どうか、どうか、よろしくお願い致します!!


Posted by クレフ at 2016年01月20日 14:37 ライブデュオその他現代ジャズシーン

24th Kobe Modern Jazz Club (ニコライ・ヘス再来日)

¥1000−故、早い者勝ち。



第24回 Kobe Modern Jazz Club
Plays Rhapsody
2016年3月5日(土) 
ニコライ・ヘス (Pf) イェンス・スコウ・オルセン (B) 池長一美 (Ds)
会場 中華会舘(東亜ホール)7F 
神戸市中央区下山手通2ー13ー9
Open 4:00~ 1st 5:00~ 2nd 6:30~   
前売チケット ¥1000−(予約不可)
当日券は発行しません。前売をお買い求めください!!
チケット取り扱いは、 茶房ヴォイスまで
https://www.facebook.com/ChaFangVoice/
http://www.jazz-voice.biz/
お早めにお買い求めください!!

2013年&2014年デンマーク最優秀アルバム賞に輝いたピアニスト、ニコライ・ヘス



◆ ニコライ・ヘス プロフィール

1967年デンマーク生まれ。ニューヨークとデンマークを拠点に活動するピアニスト、作曲家、レコードプロデューサー。これまでに100を越えるリーダー作、共同名義作品を発表。共演した主なミュージシャンはクリスチャン・マクブライド、リー・コニッツなど数えきれない。キャロライン・ヘンダーソンなどデンマークを代表する女性ボーカル作品を数多くプロデュース。近年では『Trio』と『Music for Mum and Dad』で2年連続デンマークの最優秀アルバム賞を獲得。またカンヌ国際映画祭でキルスティン・ダンストが女優賞を受賞した映画「メランコリア」や、2015年ロンドン国際映画祭では音楽を手がけた『Meeres Stille』がサウンドトラック部門でノミネートされるなど映画音楽でも才能を発揮している。来日予定2016年3月に神戸、東京各地で来日リリースコンサートを行う予定。

Posted by クレフ at 2015年12月07日 22:35 ライブ現代ジャズシーン

レコ発だよ!!23rd Kobe Modern Jazz Club

今回は、昨年の神戸新聞に掲載されたCD『A Live Celebration』のレコ発をかねたコンサートです。

このCDは2012年のKobe Modern Jazz Clubのライブアルバムです!!販売は、アメリカと茶房 Voiceでしております!!いや〜、犯罪以外で取りあげてもらえるなんて><と感動。




9/5(土)
23rd Kobe Modern Jazz Club

Plays Celebration 

Matt Savage(Pf) 石川翔太 (B) 竹田達彦(Ds)

Matt Savage動画 




前売のみ¥1000
Open 4:00- 1st 5:00~ 2nd 6:30~
会場  中華会舘(東亜ホール)7F 
神戸市中央区下山手通2ー13ー9  TEL 078ー392ー2711
http://www.zhonghua-huiguan.com/index.php?mode=about

毎度なのですが、Kobe Modern Jazz Club ¥1000−コンサートは、前売りのみとなっております。予約or取置きはできません。お早めにお買い求めください。チケット取り扱いは、神戸 三ノ宮 Jazz&Coffee VOICE(お問い合わせ☎078−334−3668) http://www.jazz-voice.biz/ までお願い致します。
 
Matt Savage
サヴァン症候群という自閉症の中である分野に限って常人には及びもつかない才能を発揮する世界で数人しかいない音楽の天才。その能力を高く評価したベーゼンドルファーは187年の歴史で唯一子供とアーティスト契約を結ぶ

Posted by クレフ at 2015年06月04日 15:34 ライブ現代ジャズシーン

発表です!!

遅くなってすみません。なかなか進まなかったので言いたいけど言えなかったんです><
もう、言っても良いですよね!!9月にサヴァン症候群のMatt Savage君とツアーします。

マットとは2014年発売した『A Live Celebration』を一緒に制作をして、、本当に大変でした><。


http://www.jazz-voice.biz/CD/Matt%20Savage%20Trio.html


こんな子です、、どうぞ、


なんか?大っきくなっとる!!ハリー・ポッターやったのに!!

詳細は、
9/2 (水) 東京下北沢 Half Moon Hall - 下北沢
Matt Savage(Pf) 石川翔太(B) 池長一美(Ds)
前売¥3500− 当日¥4000−1ドリンク付 (入れ替えはしません)Open 7:00- 1st 7:30~ 2nd9:00~

9/3(木) 神戸 Bar Request Special Live Recording
石川翔太(B) Matt Savage(Pf)
前売¥5000− 当日¥6000−(入れ替えはしません)
Open 7:00- 1st 7:30~ 2nd9:00~

9/4(金)大阪 azul (アズール)
Matt Savage(Pf) 石川翔太(B) 竹田達彦(Ds)
前売¥4000− 当日¥5000−(入れ替えはしません)
Open 7:00- 1st 7:30~ 2nd9:00~

9/5(土)Kobe Modern Jazz Club  
Matt Savage(Pf) 石川翔太(B) 竹田達彦(Ds)
前売のみ¥1000
Open 4:00- 1st 5:00~ 2nd6:30~

9/6(日)京都木津川 いずみホール
Matt Savage(Pf) 石川翔太(B) 竹田達彦(Ds)
前売¥3000− 当日¥4000−(入れ替えはしません)
Open 1:00- 1st 1:30~ 2nd3:00~

です。チケット等は、ゴールデンウィークまでに完成予定です。
どうぞ、宜しくお願い致します!!

Posted by クレフ at 2015年04月16日 17:12 ライブその他現代ジャズシーン

Hristo Vichev

あまりにも目まぐるしい春を過ごしている私です。

そうそう、3月忙しくって、、、と言うよりあんまり確定できてない事が多く発表する事がまだ出来ていません。
まあ、置いといて3月に行ったライブのレポートです。

Hristo Vitchev QuartetをBar Requestで行いました。

私の独断と偏見で選んだ彼らですが、、想像とおり、ウエストコースト・サウンド!!
青空の下、浜辺でモヒート片手サウンドが清々しく、ブルースフィールはまるで無い、美しいサウンドでした。


Bar Request


Hristo Vitchev, guitar



Mike Shannon, drums



Weber Iago, Piano


Dan Robbins, bass


あまりに素晴らしく終了後、『じゃあ、来年ね!!』なんて言ったら、2日後に『さあ!!来年の話をしよう!!』となって、、、私の2016年がスタートしてしまいました><!!



Posted by クレフ at 2015年04月06日 17:33 その他現代ジャズシーン

NOVEMBER SESSION 2014 <DENMARK×JAPAN>

神戸の北欧ジャズ・ファンの皆様へ

クリスチャン・ヴースト、ニコライ・ヘス、アンダース・クリステンセンによる初来日公演があります。

またこの来日ツアーにはクリスチャン・ヴーストとはバークリー時代からの朋友である日本人ドラマー、
池長一美(ぼくが昨年、Josh Nelson東京公演でお世話になったドラマーです。)が参加致します。

彼らの来日を記念して10月22日に、クリスチャン・ヴーストがアーロン・パークスらと組んだニューヨーク最新録音『アーバン・ヒム』、ニコライ・ヘスの最高傑作を集めた『エディテッド』が同時リリースという何とも粋な計らいですね、Cloudレコードの米山さん!!

神戸公演は、

11/18(火)神戸市立灘区民ホール 
open 18:00 start 18:30 前売 2,000円 当日 2,500円
神戸市灘区岸地通1丁目1-1 tel 078-802-8555 
http://nadakuminhall.net
チケットプレイガイド 神戸市立灘区民ホール tel 078-802-8555
電話予約お問い合わせ  イーブンイフtel 0797-57-2066









http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00M4JDX9U/jjazznet-22/ref=nosim


Posted by クレフ at 2014年10月14日 10:21 ライブ現代ジャズシーン

この度の戦利品

皆様、タミール・ヘンデルマン5公演ありがとうございました。

無事、誰も怪我をする事なく、僕の仕事である全5公演、、、完売。ありがとうございます。

さて、僕の今回の失敗談。。。
1、関空行きのバスってターミナル1と2に行くものと思って座ってたら、車庫に入れられそうになった><。

2、10年愛用した、10年前に免許書を所得する際に作った¥8000−のメガネが無くなった。初日のリハーサル後><。どこで落としたかわかんない。

3、新幹線で切符を前の席の網に入れたまま、降りた><。魚谷さんと竹田さんの冷たい視線、、、とっても痛い><。

などなど小さいミスが一杯。反省。

あ、タミールからホテルのチェックイン時間とその日の衣装を指示して欲しいと言われた。次頑張る。

さあ、次に行こう!!

さて、僕がタミールやジョシュ・ネルソンを呼ぶ理由は、音楽がほとんどですが、写真!!ていう要素もあります。

その中で良く撮れたと思い子たちを紹介したいと思います。























とっても楽しい6日間でした。ありがとうございます。



http://www.amazon.co.jp/Destinations-Tamir-Hendelman/dp/B003T05T4K




Posted by クレフ at 2014年09月27日 14:10 その他現代ジャズシーン

小説 『村田太』

僕の友人にとても面白い人がいます。Yuichi Komori 僕は、コモリンと呼ぶ。

コモリンは、とても面白い。京都大学で哲学を学ぶ、、、この時点で僕は大学名から1人の人物を連想してしまう。そう僕の良く知る皮膚科医も京都大学、、、アレルギーの世界では5本の指に入る名医だそうだが、僕が見る姿は、ただの酔っぱらいでジャズライブのアンコールに至っては知性とはほど遠い悍ましい掛け声を恥じらいなく敢行する。そんな偏見を持ってしまっている、決して全員のはずがないだろう、もしそうなら、、、。話を戻すとコモリンは、作家or脚本家になりたい!!という夢を叶えるため、ロサンゼルスに行ってしまった。それから何年かしてFacebookでまた繋がった。Facebookに彼のホームページを発見して、なんと映像ディレクターという怪しい事をしていた。
そして、どうも僕の分野であるジャズの映像なんかも作っていた。

これ!!



でも、本人はこういうのが作りたいんだろうと僕は思う。とてもコモリンらしい作品だ。うーん、この発想、この視点がコモリンだ。



そして、やっぱりもう一つ面白い事を続けていた。

それは、『毎日小説』というあまり聞き慣れないブログだった。

毎回、タイトルを募集して彼のコモリンワールドを展開している。そんな募集を見て、、、黙ってられない。一応、本人に何でもいいの?と聞いたら、快く『なんでもどうぞ〜!!』と言う訳で『村田太』をリクエストしてみた!!普通でないのは、私も同じか。

さて、そんな訳で『村田太』転用しますね。


今日もせっせとコーヒーカップを磨く。

磨きあげたコーヒーカップをかるく光にかざして、
水滴が残っていないかを確認する。

ほんのりと残っていた水滴をもういちど拭きとって、棚にもどす。

それから、カウンターのお客さんご注文の、
アイスカフェオレを作る。

心のなかで、アイスカフェオレかよ、と毒づきながら。

村田太、36才、独身。
趣味、ジャズ鑑賞、散歩。
好きなもの、静かな空間、コーヒー、甘くないカクテル。
嫌いなもの、とくになし。
職業、喫茶店のマスター。

ただ、もともとやりたくてジャズ喫茶をやっているわけではない。
ただ親父が好きで初めて、地元の人に愛されて、
ここまでつづいた店。

親父は一言も跡を継げなどとは言わなかった。
いや、どちらかといえば、好きなことをやったらいいとさえ言ってくれた。
それでも、僕は継いだ。

なぜかと問われれば、自分でもわからなくなる。

もちろん小さい時から出入りしていたこの喫茶店が好きだ。
かといって、カウンターの中に入るほどかどうかは考えたことがない。
コーヒーの香りはとても好きで、自分で淹れるのも好きだ。
ただ、人のためにそれをしたいかというほどかは考えたことがない。
ジャズはたしかに好きだし、ずっと聞いていられるのも嬉しい。
そうはいっても、たまにはバカみたいなジェイポップだって聞きたくなる。

正直、自分のために何かを真剣に考えるということがあまりないのかもしれない。
もともと、なんとかなると思ってここまで生きてきたから。

そして、周りの友達が就職でさんざっぱら苦労している間に、
こそっと喫茶店に収まったのも、図々しいというか、なんというか。
とにかく自分らしい。

ただ、だからといって、自分のコーヒーにこだわりがないとか、
味がわからないとか言うわけではない。
現地まで豆を調達しに、なんて暇なことをやろうなんて思わないけれど、
それでも、手に入る範囲で、豆を厳選し、その日の空気に合わせて、
入れ方を微妙に変えて、そして、毎日楽しめるコーヒーを。
そう思って、働いてはいる。

そこらへんにいるコーヒーかぶれなんかよりは、よっぽど真摯に
コーヒーに取り組んでいるのだ。

それなのに、アイスカフェオレとは。
別に悪くはないのだが、初めてきた時くらい、コーヒーを頼めばと思ってしまう。

そして、こんなときこそ、早く副業のほうに戻りたいなと思ってしまう。

村田太、36才、独身。
副業、殺し屋。

副業がどっちかはもう言えなくなってしまっている。
そして、この喫茶店を継いだのも副業のためだったのかもしれない。

知っている客は、店に入ってきて、こちらをチラとも見ずに、
カウンターの一番内側の席に座る。

大量のジャズのレコードとスピーカーが置いてある真横。

ここなら、ほとんどの会話が聞かれる心配はない。

副業の客の場合は、その席に座って、コーヒーを注文する。
いつもより濃い目と添えて。

僕は、その客をほとんど見ずに、かしこまりましたとだけ言って、
カウンターの内側に入る。

すこしだけ、スピーカーのボリュームをあげる。

コーヒーを濃い目につくって持っていく。
お会計の紙と一緒に。

するとお客は僕に軽く耳打ちをする。
ターゲットの名前を。

僕はもういちどかしこまりましたと言う。

そして、喫茶店を閉めた僕は、情報屋とおちあい、ターゲットの場所を確認する。

ターゲットにそっと後ろから近づき、
特注のサイレンサーをつけたM1911の引き金を弾く。

あまりにも静かな殺しは、繁華街では気付かれない。
不関心と無関心。
ターゲットは倒れる。酔っぱらいのように。
そして、僕は何事もなかったかのように立ち去る。


ここまでが僕の考えた副業、殺し屋のシナリオなのだが、
いまだに客は一人も来ていない。

だから、僕は今日もコーヒーカップを磨くだけ。


__________________________________


いっておきますが、小説とはフィクションです。作り物です。
みなさまの楽しめる範囲で楽しんでください。

理解も解釈も自由です。

ぜひとも、この素晴らしいコモリンワールドを皆様に知って頂きたい!!


コモリンワールド入り口
http://ameblo.jp/yuichikomori/

http://www.yuichikomori.com/

Posted by クレフ at 2014年07月28日 14:19 その他現代ジャズシーン

酸いも甘いも ~VOYAGEからのお知らせ~

こんばんは、小島です。お久しぶりです。とこのブログで何回言うつもりなのでしょう、私は。

最近のトマトって甘すぎませんか?
食卓に並ぶトマト、コンビニの冷製トマトスバゲティーを食べても甘い甘い。
農業の目まぐるしい技術向上の賜物なのでしょうが、もうちょっと酸っぱくても良いと思うのですが。
甘いのはメロンにでも任せておきましょうよ。

さぁて、私が編集長を務めさせていただいております、『VOYAGE』ですが、兵庫県のみならず、
東京、名古屋、その他全国各地に展開、早くも配布分が無くなってきているようです!!
ジャズバー、ジャズ喫茶、ライブハウス、タワーレコード、ディスクユニオン…私の想像以上に拡散しております!!
本当に感謝感激です。

しかし、この熱のある今、来年に向けて早速動きます!!

まず、来年の発行は2015年3月初旬に定めました!!

発行部数を今回の3000部から、その倍の6000部に増やします!!

ページ数も増やします!!

巻頭特集はまだ仮企画ですが、
今を生きる、20~30代のミュージシャンで、バップにこだわる方々に焦点を当てようと考えております。
その他、インタビュー企画、スウェーデンジャズ、クセのあるコラムなど、盛りだくさん!!

当然、発行するためには再び協賛ご協力にも伺いますので、皆様よろしくお願いします!!
純広告も考えていますが、今回から記事広告も積極的にご案内します!!
小島に会えば、この話、避けて通れませんよ。笑
広告枠の詳細は8月第一週にこちらでもお伝えしますのでしばしお待ちを!!




素晴らしいボーカリスト、サラ・ガザレクと才能溢れるピアニスト、ジョシュ・ネルソン御一行にもVOYAGE!!
渡してくださった、このブログの主、村田太師匠マスター絶対神様、ありがとうございます!!



ミュージシャン夫婦のテーマはまた次回。笑

小島良太




Posted by クレフ at 2014年07月21日 23:52 現代ジャズシーン

大阪→神戸→木津→神戸→東京

さて、今年の9月19日から始まるTamir Hendelmanツアーまで3ヶ月。

なんやかんやしてたらもうこんなに過ぎてしまいました。まとめてご紹介致します。

ポール・マッカートニーの2012年に発表した『Kisses On The Bottom』に参加し、バーブラ・ストライザンドの伴奏、ジェフ・ハミルトン・トリオのレギュラーピアニストを務めるタミール・ヘンデルマン。
タミール動画




9/19金曜日 大阪アズール http://azul-umeda.com/
タミール・ヘンデルマン(Pf) 魚谷のぶまさ(B) 竹田達彦(Ds)
Open 6:30~
1st7:30~ 2nd 9:00~(入れ替えは致しません)
前売り ¥5000− サンプルCD付
当日  ¥6000− 
また、アズールさんのレイアウトは素晴らしくピアノにマイクはかけません。ので限定50名とさせて頂きます。 前売り等は, メール kobemodernjazzclub@gmail.com まで。



9/20土曜日 神戸 21th Kobe Modern Jazz Club
Plays Destination
日時 2014年9月20日(土)
4:00pm~開場
5:00pm~開演          
会場  中華会舘(東亜ホール)7F
神戸市中央区下山手通2ー13ー9  
出演者 タミール・ヘンデルマン(Pf) 魚谷のぶまさ(B) 竹田達彦(Ds)  
入場料 1000円
毎度、恒例の¥1000ライブです。¥1000故、予約システム&当日券はありません。早い者勝ちです。すでに3分の1は売れちゃいました。お早めに前売りをお買い求めください。

チケット取り扱い事務局 TEL&FAX 078-334-3668
(茶房 Voice内) http://www.jazz-voice.biz/


今回も沢山の協賛企業の皆様にお世話になっております。
本当にありがとうございます。



9/21(日)木津川市中央交流会館 いずみホール
http://spogaku.pref.kyoto.lg.jp/institution/1093.html 

タミール・ヘンデルマン 魚谷のぶまさ(B) 竹田達彦(Ds)

Open13:30〜
1st14:30〜 2nd16:00〜(入れ替えは致しません)

チケット¥3000−



9/22月曜日 神戸 Jazz Bar Goodman http://www.my-littletown.com/goodman/
タミール・ヘンデルマン(Pf) 石川翔太(B)引田裕路(Ds)
Open7:00~ 1st 8:00~ 2nd 9:30~
ミュージックチャージ ¥5000−
すみません、ココはほとんど完売です。あと,2〜3人かな?

9/23(祝火)
場所  Half Moon Hall - 下北沢
タミール・ヘンデルマン(Pf)魚谷のぶまさ(B) 竹田達彦(Ds)
Open 3:00~
1st3:30~ 2nd 5:00~(入れ替えは致しません)
前売り ¥4500−1ドリンク付き 
当日 ¥5000−
https://www.facebook.com/events/1434956850094606/?ref_dashboard_filter=calendar

皆様、ぜひ遊びに来てくださいね!!






Posted by クレフ at 2014年06月29日 16:05 ライブその他現代ジャズシーン

Swing Jazz Cruise 2014

大学生が主体となるイベントが神戸にあります。

『Swing Jazz Cruise 』



私たちスイング・ジャズ・クルーズ実行委員会は 「大学生の手で、ジャズを、神戸を盛り上げる!」をモットーに、 毎年秋に神戸ハーバーランドで Swing Jazz Cruise というイベントを開催しています。 2008年に始まったSJCは、今年で7回目。 京阪神から10校以上の大学のジャズ研部員が集まり、一年を通して活動しています。 「10年続くイベントにするーー」 初代委員長の掲げた数字が、視界の向こうに見えてきた中で、私たちはさらに成長していきます。 神戸とジャズの「これまで」と「これから」を繋ぐSJCの可能性は無限大です。今年の秋は、神戸でSwingしませんか?

とあります。まあ、素晴らしい事ではないでしょうか?

ただね、先日、委員会の大学生がお店にたぶん、本心は協賛を貰いに来たのでしょう。

非常に毎度、がっかりします。

どの学年においても協賛枠、宣伝なんて当たり前の台詞しか言いません。全く毎度、不愉快。

もう少し、アイデアないんかいな!! ジャズとか芸術ってある意味、お金じゃない部分があるやろ!!

それに僕が『協賛って言われたら他をどう断ればいいか?わからないからしない。』と言ったらすぐ引き下がる><。もっとガツガツ来てよ!!

言いたい事わかってるのかな?みんな何したいか?わかってないんじゃないの?と思ってしまいます。

例えば、僕はいつも協賛にのって頂いたら何をお返しできるか?とても悩みます。

宣伝、チラシ配り、ライブ主催、水道管直し、チラシ作り、人紹介、何でもやります、出来る事なら。

それに毎回、イベントを考える段階で『新しい物』を提供して行く、または、より練り上げたアイデアをお見せできる様、最大限、努力します。

自分に対する挑戦!!を忘れず考えます。

それって、人に喋っていても、本当に楽しい!!ワクワクする!!難しくってフラフラもします。

大学生なら多少の我が儘やわからんけど『やりたい』という強い意志があったら、まあやってみて!!ってポケットから出せる金額ならお金だしてあげるのよ。

仕来りや前年の先輩のシステムのような壁なんて壊しちゃえば良いんだよ。

スイング・ジャズ・クルーズ実行委員会の人にぜひ、言いたい!!

同じ事するな!!新しい価値を作れ!!そのワクワクを喋りにこい!!そして、僕にそのワクワクを楽しませろ!!

ちゃんと聞くから!!

もう一言、君ら動くの遅すぎ!!

企画は、1年前、ブッキングは8ヶ月前、チラシ制作は6ヶ月前、設営系は3ヶ月前!!ゆとり1ヶ月、そして、本番。

そのぐらいのスピード感がないと社会では、使いモンにならんアホ大学生だぞ!!

さて、せっかくなのでこのビッグバンドを紹介します。
Clayton Hamilton Jazz Orchestra
このバンドのピアニスト Tamir Hendelmanと9月19〜23日にツアーします。大阪、神戸、京都木津川、東京です!!どうぞ、宜しくお願い致します!!













Posted by クレフ at 2014年06月20日 17:52 その他ビッグバンド現代ジャズシーン

創刊VOYAGE



一緒にこのブログをたま〜〜〜〜に更新して頂いている、小島良太大先生が、新しいジャズのフリーペーパーを創刊されました!!拍手!!
これで小島大先生から小島総編集長長官に出世され、もはや雲の上の存在に召されてしまいました><、残念です。もう、呑みにも誘っては頂けない存在になってしまいました。

さて、このご時世にこのようなキトクな活動を世間ではどのように思われるか?
絶対、お金にならないだろうし、大体、ジャズなんてなくても生きて行ける、はい!!その通り。
そうそう、このフリーペーパーに少しの協賛をしている私ですが、デザインをして頂いた濱さんにお礼を言いに彼のバーに遊びに行った際、隣の女性(結構、めんどくさい系)にジャズは、お金持ちの遊びね!!なんて言われちゃいました。その前は、CD制作をしていると某サラリーマン(うざい系)に『儲かるの?』なんて言われた事もありました。今では、タバコを吸うだけで体に悪い、お金の無駄等、、非難囂々。

僕は、その無駄とも思える部分に人間味を感じるのです。

それをまさにヤッているのが僕であり、小島総編集長長官閣下なんじゃないですかね?良し、十文字達成。

まあ、なんでやってるか?月並みですが好きぐらいしかでてこないですね。

さて、フリーペーパーの話でした。現在、いろんなとこに小島総編集長長官閣下、長いので閣下にしますは、配布中の様ですが、、、すでに部数がショート気味、なんと言う人気、もしくは、発行部数間違えとんのちゃうん!!の様で、皆様に行き渡るかどうか?まあ、無理でしょうが。

でも、限られた予算の中でやりくりしている閣下は、とっても嬉しい悲鳴と大きな岐路にぶち当たっている事でしょう。

そう、再印刷し増やすか?限定号と言う事で次に進むか?

ココでお金が出て来ますね。切ってはキレないもの。

さあ、どうしたもんでしょうかね?

みんなから一口¥1000−の協賛を募るのが僕は良いと思いますね。

ぜひ閣下!!僕たちに正しい道を示してください!!

VOYAGE






Posted by クレフ at 2014年06月02日 14:45 その他現代ジャズシーン
< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最近のコメント
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
クレフ
クレフ
茶房Voiceの太と新人類Ryoがジャズ入門者に是非とも聴いてもらいたい『一枚』や様々な『情報』をお薦めしていきます。