Freedom Jazz dance

Freedom Jazz dance

27th Kobe Modern Jazz Club 無事終了

27th Kobe Modern Jazz Club 無事終了できました。来場くださったお客様、ご協賛頂いたスポンサー様、お手伝いして頂きましたスタッフ様、ありがとうございます!!!独自の進化を遂げた LRK Trioの演奏は、新たなものを生み出す生命力に満ち溢れ、芸術とは?を改めて考えさせられる演奏でした。しばらくは、こちらの動画もアップしたままにさせていただきます!!良ければ、ご覧ください。本当にありがとうございました。 Kobe Modern Jazz Club 村田 太








LRK Trio
Evgeny Lebedev (Piano) Anton Revnyuk (Bass) Ignat Kravtsov (Drums)



Posted by クレフ at 2017年09月03日 14:18 ライブドラムベース現代ジャズシーン

LRK Trio Live at Mister Kelly's in Osaka 大阪梅田

LRK Trio




9月1日(金)Mister Kelly's 大阪 http://www.misterkellys.co.jp/
Evgeny Lebedev(Pf) Anton Revnyuk(B) Ignat Kravtsov(Ds)
前売 ¥4000- 当日 ¥5000- Open 6:00~ 1st 7:30~ 2nd 9:00~
お問い合わせ 茶房ヴォイス http://www.jazz-voice.biz/
☎078−334−3668 メール www.dai@io.ocn.ne.jp
LRK Trio Japan Tour 2017
エブゲニー・ラビドフ(Pf) アントン・リブュニク(B) イグナット・クラフトソフ (Ds)
彼らの奏でる旋律に狂喜する。そして、鮮烈な感性に歓喜の声を上げることだろう。ロシアの至宝“LRK Trio”日本初来日

Posted by クレフ at 2017年06月06日 14:17 ドラムベース

LRK Trio Live at Half Moon Hall in Tokyo 下北沢

今年は、ロシアから超おすすめのトリオを呼んじゃいます!!
ツアー初日は、東京です!!
100人丁度の下北沢のHalf Moon Hallさんでフル・アコースティックでお届けします!!
また、前売りを購入されますともれなくサンプルCDをお付けします!!また、僕割りで¥3000−です。
LRK Trio Japan Tour 2017 東京公演
彼らの奏でる旋律に狂喜する。そして、鮮烈な感性に歓喜の声を上げることだろう。ロシアの至宝“LRK Trio”日本初来日
おすすめ動画





8/30(Wed) Half Moon Hall Tokyo
Evgeny Lebedev(Pf) Anton Revnyuk(B) Ignat Kravtsov(Ds)
エブゲニー・レベデフ(Pf) アントン・リブュニク(B) イグナット・クラフトソフ (Ds)
場所 Half Moon Hall 東京 下北沢 http://www.halfmoonhall.com/
時間 Open 7:00~ 1st 7:30~ 2nd 9:00~入替はしません!!
前売¥3000−サンプルCD付 当日¥4000−
お問い合わせ 茶房ヴォイス http://www.jazz-voice.biz/
☎078−334−3668 メール www.dai@io.ocn.ne.jp 村田まで!!

Posted by クレフ at 2017年06月01日 14:06 ライブドラムベース現代ジャズシーン

1つの夢の終り

無事、Hristo Vitchev Japan Tour 2016を終了できました!!ありがとうございます!!
東京のお客様、お手伝いして頂いた皆様、Day By Dayにお越し頂いたお客様&緑ママ、大阪アズールにお越し頂いたお客様&お店のスタッフ様、第25回 Kobe Modern Jazz Club にお越し頂いたお客様、お手伝いしてくださったスタッフ様、京都木津川いずみホールににお越し頂いたお客様、お手伝いして頂いた皆様、沢山すぎて、、、書けない><。ほんとうにありがとうございました!!



いつもいつも沢山のお客様ありがとうございます!!



僕の夢の1つだった、、バンド丸ごと、、または、サンフランシスコそのまんま、持って来るという
野望は、あっ!!という間に終わった?出来た。完了。意外と難しくなかった。メンバーもいい感じの感覚日本人でしたので大きなトラブルは無かった。
いつか、アメリカの価格をそのまま、日本で出来たらな〜!!と思ってたんです。大阪アズールに至っては、そのまんまアメリカでしたからね!!いや〜!!満足。また、自分の思っていた『ジャズ』をちゃんとお客様に届ける事が出来てほんとうに嬉しい、感謝です!!

さて、
Q 一番しんどかった事は?
A 8月25日ぐらいから北に向かって来た台風10号くん!!君の事は永遠に忘れない!!
25日の時点で30日の成田来日、、、ドンピシャ!!ストライクだったのです><。4日間、吐きそうだった。ある人は、『季節だから』いえいえ、観測史上初東北ですやん!!とても無力に自分を思った。

Q 困った事は、ありましたか?
A ピアニスト ジャスナムの鞄をエアーカナダがバンクーバーに詰み忘れて、、、2日間、鞄無しだった。
毎日、電話して〜!!と『どこなんだ?』『ほんとうに来るのか?』と何回も電話した。コインランドリーなる物に出会えた。

Q 楽しかった事は?
A 成田のゲートからHristo Vitchevが出て来た事!!関空からジェットスターが飛んだ事!!
いや、まじでお客様、会場、スタッフになんて謝るか?土下座や!!土下座!!と心で唱えていたので、、、しなくて良くなった瞬間。。。

他に質問があれば、何なりと!!

そして、今回の戦利品!!そうです、写真です!!
























むちゃくちゃ、、、忙しい中で何とかカレンダー分の写真は撮れたと思う。

ホッとしました。
フリストからも『ありがとう!!』でした!!
What we experienced today will leave a mark for life!!! I have no words to express the gratitude and love for the absolutely world class reception that Dai Murata and the entire Kobe Modern Jazz Club gave us. To be able to experience this great country, culture, and people to its fullest has been the best gift a person can ask for!!!! Thank You from the bottom of my heart! This memory will forever live with me!!!
Japan see you next year!
Domo Arigato Gusai Mashta!!!

Hristo Vitchev



Posted by クレフ at 2016年09月07日 17:16 ライブギタードラムベース現代ジャズシーン

道化師

神戸は元町にあるBar Doodlin'。



小島大先生が良く通ってるお店の一つです。僕自身、たま〜に行く程度なのですがまあ、家の帰り道でもあるので。実際、ココの小倉マスター結構、面白いんです。ジャズに関して彼ほど熱狂的な人、久しく御会いしていませんでした。特にあのファンキー系、ブルース、オルガンをこよなく愛し嬉しそうにレコードを回す姿が何とも微笑ましい。それにこの店に来ると暴露話、率直な意見が思わず口から出てしまい私の本来持っている暴言癖が全開になってしまいます。気を付けないと。

さて、このお店では主にコテコテの黒人ジャズがまあまあなボリュームで流れているのですが、写真の通り珍しくミンガスが掛かるではないですか!!

この時代、こういう奇抜なジャケットが数多くありましたね。現在のジャケットって綺麗すぎたり、作り込まれたり中身自身も大人しい作品が多く、このチャールス・ミンガス 『道化師』 Charles Mingus / the Clownの様なトンガッたジャケットと中身のマッチングが逆に素直に思えてしまいます。



Facebookの様なSNS、インターネットのせいで言論の自由が増えるか?と思いきや逆に規制がかかってしまった様に思います。今の方がよっぽど道化師が増えちゃった。

ほんとみんな良い顔、良い人ぶるデスよね、、、小島大先生!! 

そんな仮面を外して呑める貴重な場所がここ、Doodlin'!!

Doodlin'
神戸市中央区元町通1丁目12-7コモビル2F(神戸プラザホテル裏)
http://retty.me/area/PRE28/ARE98/SUB9802/100001187409/map/
18:00~25:00 定休日 水曜日
ハードバップ~ソウルジャズを中心にアナログレコード約1200枚をご用意しています。リクエスト歓迎!


ボトルビール etc
ハイネケン,バドワイザー,ハートランド,ギネススタウト,バスペールエール,コロナ,ジーマ,スミノフアイス 各700円

ウイスキー,ジン,ウォッカ,テキーラ,ラム,カシス,焼酎
600円~

ワイン
グラス 赤・白 各600円 少数入荷のため品切れの可能性もあります。あらかじめご了承ください。

ホットコーヒー大好評 500円

さらにPM8:00まではハッピーアワー
バドワイザー、ハートランド、スミノフアイス 各500円
グラスワイン 各400円



Posted by クレフ at 2015年02月02日 14:15 ベース

Jazz Walk

久々にこちらのブログにお邪魔します。
村田大先生はじめ、なじみの店の方々のバックアップもあり、関西Jazz情報誌「WAY OUT WEST」の
連載もなんとか継続中です。

さて最近、秋も深まるどころか、急激に冷え込んでいるような気が。
11月も10日を過ぎ、12月の足音がツカツカと聞こえてきます。
てことは、クリス○スももうすぐ…みなさん予定は入ってますか!?
今年はイブも当日も平日ですからお気をつけて!!

と、大きなお世話を一つ言った所で少し話題を変えましょう。
寒くなってきたとは言え、過ごしやすい気候である事に変わりはありません。
秋は紅葉の素敵な所も多いですし、何よりも食べ物が美味しい、お酒も美味しい!!
目的地までの移動手段といえば、自動車に電車にバイクにと現代文明機器に溢れていますが、
たまにはちょっと長い距離を歩いて散策するのも良いものです。
そうすると普段視界に入らなかった物や風景が飛び込んできて、新たな発見が多々あるものです。
そんな散歩のお供にオススメなのが、今日紹介する作品達です。

西海岸を中心に活躍したべーシスト、リロイ・ヴィネガー。
彼はひたすら一定のリズムを取り続ける、“ウォーキングベース”の達人として名を馳せたプレイヤーです。
彼の代表作、「Leroy Walks!」は収録曲も“Walk”にちなんだ曲を演奏していて、まさに散歩には持ってこいの逸品です。

http://www.amazon.co.jp/Leroy-Walks-Vinnegar/dp/B000000Y97/ref=sr_1_1?s=music&ie=UTF8&qid=1352600878&sr=1-1

ではアルバムから一曲どうぞ!


このベース音、いつ聴いても気持ち良いんです。

あ、彼の魅力をさらに味わいたいならこの作品もオススメです。

http://www.amazon.co.jp/JAZZS-GREAT-WALKER-LEROY-VINNEGAR/dp/B000028136/ref=sr_1_3?s=music&ie=UTF8&qid=1352600878&sr=1-3

ピアノトリオでも一貫して彼の持ち味は変わりません。男前!!
私もリロイみたいな男らしさを!!と願って止みません。笑

ウォークにひっかけて、11月24日(土)に「秋の神戸ジャズウォーク」というイベントがあるので、
出かけてみてはいかがでしょうか?
詳しくはこちらで↓
http://www.kobejazzcity.com

Ryo.K

Posted by クレフ at 2012年11月11日 12:19 ベース

ネコはコタツで丸くなる

寒い。ひたすらに寒い。

冬ってどうも好きになれません。
手はかじかみ、外は寒風吹き荒れ、出るのもおっくうになります。
私のような寂しい男にはクリスマスはまさにクルシミ…
年が明けたら正月太り…

だめだ、だめだ、ネガティブの連鎖が冬は止まりません。笑
とは言っても、もちろん冬には冬の良さがあります。

ベタですが、やっぱりコタツに入ってウトウト、気付けば数時間後…
という経験はもはや日本国民の冬の恒例行事。
目が覚めた時は時間もったいないな~と思う事もありますが、
ま、そんなゆっくりした休日が過ごせるのって素敵な事ですよね。

と今日のアルバムはコタツでネコが丸くなるような、ほんわかしたジャケットが微笑ましい、
名べーシストのレッド・ミッチェルの「Presenting Red Mitchell」



ネコがさりげなくベース弦を押さえている粋なジャケット。
しかし、中身は陽気なサウンドながら本格派。
レッド・ミッチェルの素晴らしいベースプレイをたっぷり味わえます。



なんだかフルートの音が春の訪れを感じさせます。

明日の神戸の気温は最高で7℃。

まだまだ春は遠いようです。泣

Ryo.K

Posted by クレフ at 2012年01月29日 22:36 ベース

Esperanza Spalding

世の中には、とても器用な人がいますね。

歌が上手くて、ベースが上手くて、カワイイなんて、天は二物を与えちゃうんですね。あっ、3物か!!

この映像は、スティービー・ワンダーの『OVERJOYED』

とっても有名な曲ですよね!!

映像の始めにスティービーが少し写っていますが、さぞ満足でしょう。
こんな素晴らしい演奏なんだから。

それにWhite Houseの演奏ってこともカッコいいですね。



演奏を見て頂くとこういうのもジャズなの?
と思う方もいらっしゃるかな?

まあ、そうですね、イージーリスニングじゃない?そうかもね?

大体、どこまでがジャズか?ロックか?ブルースか?なんてあんまり拘らない方が音楽を楽しめると
私は思います。

何回も聴いて楽しい、懐かしい曲が流れた時にその時期の事や思い出が蘇る。

何でもいいと思います。

楽しめたり安らぎを貰えたり、それが音楽ってもんでしょう。

ジャズに拘らないの?と思うかもしれませんが、私の人生で最も深く真剣に接した音楽がそのジャンルや
呼び方をされているだけと思ってます。

だから、出来るだけ多くの良いと思う音を聞きます。

ぜひ、いろいろな音に接して下さいね。



http://www.amazon.co.jp/Esperanza-Spalding/dp/B0014HC56K

Posted by クレフ at 2012年01月17日 14:29 ベース
< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最近のコメント
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
クレフ
クレフ
茶房Voiceの太と新人類Ryoがジャズ入門者に是非とも聴いてもらいたい『一枚』や様々な『情報』をお薦めしていきます。