Freedom Jazz dance

Freedom Jazz dance

1つの夢の終り

無事、Hristo Vitchev Japan Tour 2016を終了できました!!ありがとうございます!!
東京のお客様、お手伝いして頂いた皆様、Day By Dayにお越し頂いたお客様&緑ママ、大阪アズールにお越し頂いたお客様&お店のスタッフ様、第25回 Kobe Modern Jazz Club にお越し頂いたお客様、お手伝いしてくださったスタッフ様、京都木津川いずみホールににお越し頂いたお客様、お手伝いして頂いた皆様、沢山すぎて、、、書けない><。ほんとうにありがとうございました!!



いつもいつも沢山のお客様ありがとうございます!!



僕の夢の1つだった、、バンド丸ごと、、または、サンフランシスコそのまんま、持って来るという
野望は、あっ!!という間に終わった?出来た。完了。意外と難しくなかった。メンバーもいい感じの感覚日本人でしたので大きなトラブルは無かった。
いつか、アメリカの価格をそのまま、日本で出来たらな〜!!と思ってたんです。大阪アズールに至っては、そのまんまアメリカでしたからね!!いや〜!!満足。また、自分の思っていた『ジャズ』をちゃんとお客様に届ける事が出来てほんとうに嬉しい、感謝です!!

さて、
Q 一番しんどかった事は?
A 8月25日ぐらいから北に向かって来た台風10号くん!!君の事は永遠に忘れない!!
25日の時点で30日の成田来日、、、ドンピシャ!!ストライクだったのです><。4日間、吐きそうだった。ある人は、『季節だから』いえいえ、観測史上初東北ですやん!!とても無力に自分を思った。

Q 困った事は、ありましたか?
A ピアニスト ジャスナムの鞄をエアーカナダがバンクーバーに詰み忘れて、、、2日間、鞄無しだった。
毎日、電話して〜!!と『どこなんだ?』『ほんとうに来るのか?』と何回も電話した。コインランドリーなる物に出会えた。

Q 楽しかった事は?
A 成田のゲートからHristo Vitchevが出て来た事!!関空からジェットスターが飛んだ事!!
いや、まじでお客様、会場、スタッフになんて謝るか?土下座や!!土下座!!と心で唱えていたので、、、しなくて良くなった瞬間。。。

他に質問があれば、何なりと!!

そして、今回の戦利品!!そうです、写真です!!
























むちゃくちゃ、、、忙しい中で何とかカレンダー分の写真は撮れたと思う。

ホッとしました。
フリストからも『ありがとう!!』でした!!
What we experienced today will leave a mark for life!!! I have no words to express the gratitude and love for the absolutely world class reception that Dai Murata and the entire Kobe Modern Jazz Club gave us. To be able to experience this great country, culture, and people to its fullest has been the best gift a person can ask for!!!! Thank You from the bottom of my heart! This memory will forever live with me!!!
Japan see you next year!
Domo Arigato Gusai Mashta!!!

Hristo Vitchev



Posted by クレフ at 2016年09月07日 17:16 ライブギタードラムベース現代ジャズシーン

再度自己紹介

どーも、本当にご無沙汰です。
小島良太です。
先日の太さんのブログにもある通り()、
兵庫県播磨エリアから発信するジャズフリーペーパー、「VOYAGE」の編集長を務めております。

「VOYAGE」Facebookページ
https://www.facebook.com/pages/VOYAGE/297657697065838

久々ついでにここで初めて私の名前を聞く、見る方にに向けて自己紹介を。

上記のVOYAGEはもちろん、ジャズ関係の媒体(ジャズ批評、WAY OUT WEST等)には機会があれば、阪神間のライブ情報サイト「ミミソラ」では定期的にライブレポートを書いております。

ライター、ではなく“ジャズライター”として活動しております。
こちら、Freedom Jazz Danceにも縁あって時折書かせていただいたのですが、すっかり太さんのみにお任せしきりとなってしまいました。
当ブログでいじられている、のはいつもの事なのですが、それを楽しく拝見しっぱなしでございました。
こちらでは今後、甘口ジャズ批評で一部によく知られる私も、少々本音の部分やククレカレー中辛ぐらいの事も織り混ぜて書けたらなぁと考えておりますのでどうぞお楽しみに。

というか、ここではジャズの形式ばった解説、紹介から解放してみようと試みるつもりです。
あ、1986年8月5日、血液型はA型、星座は獅子座です。神戸市出身、神戸の極寒地帯の一つ、西鈴蘭台に住んでおります。

それでは皆様、今後ともよろしくお願いします。

小島良太





Posted by クレフ at 2015年06月18日 20:00 ギターコメント(0)

紅葉からの、、、

丁度、良い時期に京都に行く事が出来ました。
ただ、相変わらずの人ごみ、、、まるでディズニーランドに居るかの様な東福寺。

平日の雨にも関わらず、それはそれは凄まじい。


















少しグッタリしてましたけど、楽しい1日でした。

さて、やっと皆様に発表出来る事があります。

またもや、ミュージシャンの衝動買いです!!




Hristo Vichev Quatet
4人が複雑なサウンドを作り出し、それが波打つ感動につながる。それをポスト・ビーバップと呼ぼうがポスト・フュージョンと呼ぼうが、ヴィチェヴのジャズブランドはとにかく情熱的でありながら叙情的だ。彼は素晴らしいギタリスト、そして気のきいた作曲家になった。それに彼はまだ33歳なのだから、これ以上に素晴らしいものが出てくるだろう。



3/22(日)
Hristo Vitchev (Gt) 
Weber Iago (pf)
Dan Robbins(b)
Mike Shannon(ds)

場所 Bar Request https://www.facebook.com/pages/Bar-Request/308927209187051?fref=ts
神戸市中央区江戸町100番地

Open 6:30~ 1st 7:00~ 2nd 8:30~
Music Charge ¥5000-(限定30名)

チケット取り扱い
茶房ヴォイス
078−334−3668
神戸市中央区三ノ宮町2−11センタープラザ西館2F
http://www.jazz-voice.biz/

まで。


Posted by クレフ at 2014年11月29日 14:03 ライブギターその他

CD注文したぞ!!

最近、CD屋さんに行ってもぜ〜んぜんトキメかない。

新譜が沢山でている事はわかっていますが、コレと言って買うには至らず。

お金がない、というわけではないのに><。

そんなモヤモヤした気分を一瞬で吹き飛ばすVideoを見ました!!

コレです!!



リーダーであるAnthony Wilson。ダイアナ・クラールのバンドに参加しているシブイギターリストなんですが、ほとんどの方、、知らないですよね><。彼が集めたんですかね??
メンバーが良い!!

Anthony Wilson



Steve Cardenas 日本ではほぼ無名><。かなりの実力者なんだけどなあ。



Chico Pinheiro ブラジルが生んだ天才ギターですよ!!あ、、、、誰も知らん?
じゃあ、見てください!!



最後に紹介するのは、カート・ローゼンウィンケル以降、僕が最も注目する

Julian Lage ゲーリー・バートンが発掘したアメリカの天才。さすがに彼は皆さん、知ってるでしょ???



この四人が揃ったんです!!奇跡的なCDになってると思いません??





http://www.amazon.co.jp/Seasons-Live-at-Metropolitan-Museum-Art/dp/B005P89FDK




Posted by クレフ at 2013年03月18日 18:25 ギター

達人さん、いらっしゃい!!

ま、またもや太さんにブログをお任せしきりになってしまっておりますので、
久々に私が投稿致します。
あ、日曜日のお昼の長寿番組を見ながらの投稿でタイトルが…

私、趣味で(あくまで趣味で)ギターを嗜んで、はや数年。
元々、ジャズは全く聴いておりませんでしたが、ジャズ・フュージョン系ギタリストの凄さに
参ってしまい、そこからジャズの深い深い世界に迷い込んでしまったわけです。

ジャズにとってのギターはサックスやトランペット等の管楽器はもちろん、ロックでは脇役になる事の多いベースやドラムよりも目立たない役回りが多いのです。
そういった中で名を挙げるギタリスト達の実力といったら、とんでもなく凄い!!
音色、テクニック、リズム感どれをとっても一級品なのです。

私が今回ご紹介するギタリスト、ラッセル・マローン氏は現代最高峰のジャズギタリストでしょう。
歌の伴奏、リーダー作、サイドマンでの参加どれをとっても、その名人芸を堪能できます。
早速見ていただきましょう↓



う、うまい。その一言に尽きます。

ベースの巨人、レイ・ブラウン氏のラストレコーディング作でも彼のギターが大活躍ですので、
オススメします。



さて、私のギターの腕前ですが、、、
耳だけ肥えて、肝心のプレイはまだまだ発展途上なのです。
目指せ、ラッセル・マローン!!笑

Ryo.K



Posted by クレフ at 2012年04月22日 13:11 ギター

多忙

少し間が空いてしまいましてすみません。

私自身かなり多忙を極めておりまして、はい。

ただ、普通の人と違うのは、決して仕事や家族と言った当たり前の事では、ドタバタしません。

すべては、遊びなんです。

まあ、普通の遊びではないのも私らしいので少し説明したいと思います。

今回の遊びは、Joshua Breakstoneさんというギタリストからの依頼なんです。

簡単な話、
JB『神戸でコンサートできない?』
DM『まじで?あんた誰?ドッカで名前聴いた事あるよ!!』
JB『1〜2日空いとんねん?埋めて〜や!!日本解らんねん!!』
DM『そやな〜考えてみるは!!』
JB『頼むは〜!!』
DM『あかん、日にち近すぎてコンサートホール空いてへんは!!どないする?』
JB『ちっちゃーてもええねん!!何とかして〜な!!』
DM『ギャラ出えへんで!!ええんか?』
JB『構わんは!任すは><。』

てな大阪弁のやり取りではありませんが?こんな事でブログホッタラカし。

メガネ隊長、すみません。

でねジョシュアについて紹介します。

たま〜に日本に来ていたのを誰かから聴いていたと思うんですが?さっぱり思い出せません。

まずは演奏を見て下さい。





前に私が紹介したカート・ローゼンウィンケルの様な新しさは、全くないですが綺麗なコードワークと
シングルトーンが幽玄的でメロディーをとても大切にした、やさしさと味わいに富んだギターさんですね。

こういう人は、生が一番!!狭い場所で聴くと何とも言えんやんのやね〜!!

実に円熟と言う言葉が最適かな。

ガツガツしていない所なんてなかなか出てこないよね〜。


http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%BA-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3/dp/B00005F7BM/ref=ntt_mus_ep_dpi_1/377-7195070-8665935
あれ?どっかで見たジャケット!!



http://www.joshuabreakstone.com/
完璧に決定ではないと思う、私的なですが

ライブは、2012年3/24(土)http://www.livehousegreatblue.com/
3/25(日)http://www.basin-st.com/

両日とも¥2500位で出来る予定です。まあ、前売りで完売しちゃいます。

こちらのブログでもチケット、時間等は、まだ決めてませんが解り次第???決めましたらお知らせします。

とまあ、こんな12月でした。

私、多分、遊び過ぎで過労死すると思います。



Posted by クレフ at 2011年12月24日 14:19 ギター

Kurt Rosenwinkel

さあ、何を書こうか?と思ったらギターを紹介していなかった事に気づきました。

そういえば、ギターのアルバムって買っていなかったのです。

最後に買ったのは?正確には、今西大先生から頂いたCDです。

Kurt Rosenwinkel カート・ローゼンウィンケルさん!!


とってもスタンダードからコンテンポラリーまで幅広く収録されてる
『Reflections』がとてもお気に入りな私。
一言に、超絶技巧!!むしろ、きもい。
でも、音色がクリアで何とも言えない『間』の芸術家でもあり、今世紀最高のテクニシャン
であると思います。

まあ、映像見て下さい!!



どうですか?

指、すごいでしょ?

ぜひ、直に見てみたいミュージシャンの一人ですね!

CDは、http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AA%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BA-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%AB/dp/B002OKTBEK

Posted by クレフ at 2011年11月22日 14:46 ギター
< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近のコメント
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
クレフ
クレフ
茶房Voiceの太と新人類Ryoがジャズ入門者に是非とも聴いてもらいたい『一枚』や様々な『情報』をお薦めしていきます。